建築家京都シティ HOME > 建築家とは > 管理建築士とは

一級建築士事務所(株)ローバー都市建築事務所

管理建築士とは

管理建築士とは、建築士事務所の常駐の建築士で、事務所の技術的事項を管理する者のこと。建築士事務所を管理する建築士。

現行法では、管理建築士は建築士事務所の開設者、経営者である必要はない。このため、無資格者であっても、建築士を管理建築士として雇用することで、建築士事務所を開設し経営することができてしまう。これにより、建築士としての職業倫理や技術的な判断力を持たない者が雇用主となり、会社経営を優先した指示を出してしまう恐れがあるとして、建築主の利益と公共の利益を重視すべき建築士の職務遂行に支障をきたす可能性が指摘されている。

2008年の建築士法改正により、建築士として3年以上の実務経験を経た後、管理建築士講習を受け修了考査に合格した者だけが管理建築士となることができる。

トップページ お問い合わせ 会社概要 サイトマップ 建築家京都シティドットコムトップページへ