建築家京都シティ HOME > 建築家とは > 新しい建築士制度 管理建築士講習について

一級建築士事務所(株)ローバー都市建築事務所

新しい建築士制度 管理建築士講習について

法改正により管理建築士の要件が強化され、建築士事務所の管理建築士になるためには、建築士として3年間の所定の業務経験を積んだ後、管理建築士講習を修了していることが必要となります。

なお、平成20年11月28日時点ですでに管理建築士として登録されている方は、その建築士事務所に引き続き管理建築士として置かれる場合に限り、平成23年11月27日までにこの要件を満たせばよいとされています。

※経過措置期間後(平成23年11月28日以降)に未修了の場合、その者が管理する建築士事務所は、建築士法第26条第1項第2号の規定に基づき、都道府県知事により、建築士事務所の登録が取り消されることとなります。

トップページ お問い合わせ 会社概要 サイトマップ 建築家京都シティドットコムトップページへ