建築家京都シティ HOME > 建築家とは > 新しい建築士制度 業務報酬基準について

一級建築士事務所(株)ローバー都市建築事務所

新しい建築士制度 業務報酬基準について

業務報酬基準は、建築士法第二十五条の規定に基づき、建築主と建築士事務所が設計・工事監理等の
契約を行う際の業務報酬の算定方法等を示したものです。
構造計算書偽装問題を踏まえ、平成18年8月に取りまとめられた社会資本整備審議会答申において、
旧業務報酬基準(昭和54年建設省告示第1206号)の見直しが指摘されました。
これを受け、建築士事務所に対する実態調査等を行った上で、平成21年1月7日に新しい業務報酬基準
(平成21年国土交通省告示第15号)が定められました。
この基準を活用して、建築設計・工事監理等の業務報酬が合理的かつ適正に算定されることが
望まれます。

トップページ お問い合わせ 会社概要 サイトマップ 建築家京都シティドットコムトップページへ