建築家京都シティ HOME > 建築家の活動 > 建築家の活動

一級建築士事務所(株)ローバー都市建築事務所

あじさい寺「丹州 観音寺」の庫裡

~ 想いを引き継ぐ、新しい空間構成 ~

あじさい寺「丹州 観音寺」の庫裡が、昨年夏に新しく竣工致しました。

別名「あじさい寺」として人々に親しまれている、
福知山市にある「丹州 観音寺」。

広大な境内には、100種約1万株ものアジサイが植栽されています。

応接室にある、大きなテーブルは、寺院の境内にあった桧の木を
長年乾燥させ、この日のために住職が保管されていた大切な一枚板。

先人の想いを大切に考えながら、次代へと引き継いでいく。
そんな、住職の想いが詰まった、素敵な庫裡が完成しました。

cafe PARADISE GARAGE がOPEN致しました。

~ 都市ストック空間の現代的活用 ~
「cafe PARADISE GARAGE」が昨年誕生しました。

天井高さが4メートルもある開放感のある空間が
魅力的です。

お近くへお越しの際は、是非お立ち寄り下さい。

祇園東お茶屋組合が新しくリニューアルしました

~ 格子が奏でる伝統のリズム ~
「祇園東お茶屋組合」が新しくリニューアルしました。

京都祇園・八坂神社の門前にある「祇園東お茶屋組合・祇園東芸妓組合」が
この度、新しくリニューアルされました!
京都の花街のひとつ「祇園東歌舞会」のお稽古場として、日々、舞妓さんや芸妓さん達が、
芸の精進に励んでおられます。
千本格子を連続させた、美しい外観は、京都の風情を、街路に映し出しています。

「大垣書店&CAFE」神戸ハーバーランドumie店がOPEN致しました。

「大垣書店&CAFE」神戸ハーバーランドumie店がOPEN致しました。

ミナトで過ごす家族の時間、やすらぎの空間

神戸海沿い再開発エリアに立地する「神戸ハーバーランドumie」は
「『海・街・人』ここにしかない、きらめき」をコンセプトに、全225店が出店する
複合商業施設。
約600坪の売場には、35万冊の書籍と150席のカフェスペースが計画されています。
書籍、CD、文房具、雑貨、カフェスペースが融合した、やすらぎの空間へ、
是非、お立ち寄りください。

大垣書店&cafe イオンモール京都桂川店がOPEN致しました!

「つむぎの街」として新たに生まれ変わる京都桂川の地から、
書籍、CD、DVD、文具、雑貨、カフェの融合で
最新の文化情報を発信します。

お客様の心に宿る知的欲求を刺激し、
発見・感動・興奮をもたらします。

書籍30万冊、cafe160席の知的感動空間へ

お近くにお立ち寄りの際には是非お越し下さい!

風土食品「風土food」ポルタ店が新しくOPEN致しました。

~「日本食」の豊かさを再認識することのできる店舗空間~

風土食品「風土food」ポルタ店が新しくOPEN致しました。

京漬物「西利」がプロデュースする「日本食」のかたち。
京都を中心とした国内厳選の名店の品々を取りそろえながら、
私たちが忘れかけている「日本食」の豊かさを再認識することのできる
店舗空間として「風土food」ポルタ店は新しく誕生しました。
天然ケヤキの厚板による彫込サインと竹の持つ和の雰囲気がうまく融合した、
上品で清潔感のある店舗空間です。

お近くへお越しの際は、是非お立ち寄り下さい。

宝石箱のような京町家 洋菓子店「ふたえ 京都本店」がOPEN致しました。

9坪ほどの小さな敷地に建てられた、小さな京町家。
正面には小さな坪庭を配置し、しっくいをアクセントにした
レトロタイル・レトロ照明で装飾を施している。
外周にはトクサをあしらい、全体的に京町家の風情を感じさせると共に、
鋳鉄製のサインと小さなのれんで和洋の折衷美を構成。
洋菓子店の雰囲気にふさわしい外観デザインとインテリア計画で
全体のコーディネートをしています。
お近くへお越しの際は、是非お立ち寄り下さい。

平成25年度 京都景観賞 優秀賞受賞

「和の改新」に出展

この度、弊社「ローバー都市建築事務所」の取り組みを、
京都造形芸術大学との共同により、企画・展覧会「GION SALONE ~和の改新~」展に
出展させていただくこととなりました。

これまでの、空間設計の事例を通じて、今後の京都デザインのあり方を
考えるひとつの機会にしたいと考えておりあmす。

夏の盛りの厳しい暑さの中、お忙しいとは存じますが、
京都観光のひとときにお立ち寄りいただければ、嬉しく思います。

[日時]
2014年7月12日から8月3日
平日13:00-20:00
土日祝12:30-20:00

[会場]
ARTZONE
京都市中京区河原町三条下る一筋目東入る大黒町44

ホテル「姉小路別邸」が竣工致しました。

ホテル「姉小路別邸」が竣工致しました。
~ 洛中に佇むくつろぎの空間 ~

京都洛中・二条城のほど近くにスモールラグジュアリーホテル
「姉小路別邸」が竣工致しました。

地上5階建てのオールツインタイプ7室の客室は京都の「伝統美」の
融合を強く意識したデザインでまとめられています。
メインロビーには、世界的和紙デザイナー「堀木エリコ」氏の作品を
中心に、京都の地酒も楽しむことのできるカウンタースペースも併設。
和紙と間接照明が織り成す柔らかい雰囲気が、古都の風情を現代的に
演出しています。

くつろぐ、やすらぐ、愉しむ、旅の拠点。
京都観光のひとときに、是非、一度お立ち寄りください。

設備設計一級建築士の活動

一級建築士の上位資格として、構造設計一級建築士と設備設計一級建築士の二つの資格が存在している。

一定規模以上の建築物(階数3以上かつ5000m²超の建築物)の設備設計については、設備設計一級建築士が自ら設計を行うか、設備設計一級建築士に設備関係規定への適合性の確認を受ける必要がある。設備設計一級建築士は、設備設計事務所に所属又は主宰する例が多くみられる。設備設計一級建築士は、一級建築士として5年以上の設備設計に関わる業務経験を持ち、設備設計一級建築士講習を受講した後、修了考査の合格後に設備設計一級建築士証の交付を受けたものを言う。 尚、一級建築士に加え建築設備士の資格を有する者は、4年以上の設備設計に関わる業務経験が受講資格となる。

構造設計一級建築士の業務

一級建築士の上位資格として、構造設計一級建築士と設備設計一級建築士の二つの資格が存在している。

一定規模以上の建築物(木造で高さ13m超又は軒高9m超、鉄骨造で階数4以上、RC造又はSRC造で高さ20m超、その他政令で定める建築物)の構造設計については、構造設計一級建築士が自ら設計を行うか、構造設計一級建築士に構造関係規定への適合性の確認を受ける必要がある。構造設計一級建築士は、構造設計事務所に所属又は主宰する例が多くみられる。構造設計一級建築士は、一級建築士として5年以上の構造設計に関わる業務経験を持ち、構造設計一級建築士講習を受講した後、修了考査の合格後に 構造設計一級建築士証の交付を受けたものを言う。

木造建築士の業務

木造建築士とは、都道府県知事の免許を受け、木造建築士の名称を用いて、木造の建築物に関し、設計、工事監理等の業務を行う者。

木造建築士の携わる木造建築は、1階~2階建ての延べ面積300平方メートル以下の建築物の事を言い、その用途は住宅、賃貸住宅、店舗、公共施設、商業施設、福祉施設などさまざまあります。木造建築士を名乗るためには、国家資格である木造建築士試験に合格をして、資格取得することが必須です。学科と設計製図が主な試験内容となっています。大学や高校、専門学校の建築科を卒業している事がこの木造建築士を受検するための条件に設定されています。

一級建築士の代表的な業務

1. 設計: 建築意匠設計、構造設計、設備設計の3つにわかれています。
日本で「建築家」と呼ばれる人は、建築意匠設計に優れた建築士を指すことが
多いようです。
2. 積算: 建築に必要な資材全てについてコスト計算や管理を行います。
3. 工事監理: 設計通りに工事がおこなわれているかチェックします。
4. 工事監督: 現場の工事がスケジュール通りに進むよう監視します。
5. 現場管理: 職人を手配し、現場での作業が安全に進むよう管理します。
6. 手続代理: 建築主の代わりに、専門的な知識が必要な各種申請や手続きを
スムーズに行います。

建築士の業務(設計の変更)

他の建築士が設計した設計図書の一部を変更しようとする場合は、その建築士の承諾を得なければなりません。ただし、承諾を得られないような場合は、自己の責任において変更することができます。

建築士の業務

建築士は、設計および工事監理を行うほか、以下のような業務を行うことができます。
・建築工事契約に関する事務
・建築工事の指導監督
・建築物に関する調査
・建築物に関する鑑定
・法令や条例に基づく手続きの代理(木造建築士にあっては、木造の建築物に関する業務に限ります)
(建築士法第四章第二十一条)

建築士の業務(工事監理を行う場合)

工事が設計図書のとおりに実施されていないと認めるときは、直ちに、工事施工者に注意を与えます。もし、工事施工者がこれに従わないときは、その旨を建築主に報告します。
(建築士法第四章第十八条4)

建築士の業務(設計を行う場合)

法令または条例の定める建築物に関する基準に適合するように設計し、設計の委託者に対し、設計の内容に関して適切な説明を行うように努めなければなりません。
(建築士法第四章第十八条2、3)

トップページ お問い合わせ 会社概要 サイトマップ 建築家京都シティドットコムトップページへ