建築家京都シティ HOME > 建築家の活動 > 木造建築士の業務

一級建築士事務所(株)ローバー都市建築事務所

木造建築士の業務

木造建築士とは、都道府県知事の免許を受け、木造建築士の名称を用いて、木造の建築物に関し、設計、工事監理等の業務を行う者。

木造建築士の携わる木造建築は、1階~2階建ての延べ面積300平方メートル以下の建築物の事を言い、その用途は住宅、賃貸住宅、店舗、公共施設、商業施設、福祉施設などさまざまあります。木造建築士を名乗るためには、国家資格である木造建築士試験に合格をして、資格取得することが必須です。学科と設計製図が主な試験内容となっています。大学や高校、専門学校の建築科を卒業している事がこの木造建築士を受検するための条件に設定されています。

トップページ お問い合わせ 会社概要 サイトマップ 建築家京都シティドットコムトップページへ