建築家京都シティ HOME > 建築家の活動 > 構造設計一級建築士の業務

一級建築士事務所(株)ローバー都市建築事務所

構造設計一級建築士の業務

一級建築士の上位資格として、構造設計一級建築士と設備設計一級建築士の二つの資格が存在している。

一定規模以上の建築物(木造で高さ13m超又は軒高9m超、鉄骨造で階数4以上、RC造又はSRC造で高さ20m超、その他政令で定める建築物)の構造設計については、構造設計一級建築士が自ら設計を行うか、構造設計一級建築士に構造関係規定への適合性の確認を受ける必要がある。構造設計一級建築士は、構造設計事務所に所属又は主宰する例が多くみられる。構造設計一級建築士は、一級建築士として5年以上の構造設計に関わる業務経験を持ち、構造設計一級建築士講習を受講した後、修了考査の合格後に 構造設計一級建築士証の交付を受けたものを言う。

トップページ お問い合わせ 会社概要 サイトマップ 建築家京都シティドットコムトップページへ