建築家京都シティ HOME > 建築豆知識 > POINT⑥ サンプルや実物でイメージギャップを埋めよう

一級建築士事務所(株)ローバー都市建築事務所

POINT⑥ サンプルや実物でイメージギャップを埋めよう

使われる設備や仕上げのグレード(仕様)も、どの建材が使われるのかしっかりと確認しましょう。建築家に、壁紙・床材などのサンプルを見せてもらい、色や素材感を確認しましょう。小さなサンプルでは、確認しずらい時には、ショールームへ行って大きなサンプルを見せてもらいましょう。キッチンやバスルーム、トイレなどの設備も、ショールームで実物に触れて使い勝手などを確認しましょう。イメージギャップで残念な思いをするより、面倒でも、きちんと実物を確認しておくことは大切です。

トップページ お問い合わせ 会社概要 サイトマップ 建築家京都シティドットコムトップページへ