建築家京都シティ HOME > 建築豆知識 > POINT⑩  見積もりでコスト削減可能な項目をチェックする

一級建築士事務所(株)ローバー都市建築事務所

POINT⑩  見積もりでコスト削減可能な項目をチェックする

予算オーバーしたときに、まず最初にコスト削減したいのが、「別途工事費」です。逆に、コスト削減をしてはいけないものが「基礎、土台、構造にかかる費用」です。

コスト調節可能な「別途工事費」とは、床暖房、食洗器、洗浄便座などの基本的な設備以外のもの。また、「外構工事」「植栽」も住むうえでは、支障がないので住みながら手を加えていくとよいでしょう。「木工事」「屋根工事」も強度に影響がない程度にグレードを下げたり、「内装仕上げ」もグレードを落としてコスト削減を図れる項目です。

建築家に頼めば、専門的な知識をもって見積書をチェックしてくれます。

トップページ お問い合わせ 会社概要 サイトマップ 建築家京都シティドットコムトップページへ