建築家京都シティ HOME > 建築豆知識 > 技と心をつなぐ一枚板

一級建築士事務所(株)ローバー都市建築事務所

技と心をつなぐ一枚板

(2010年01月15日号 毎日新聞京都版朝刊 京都空間創生術83 より引用)

_MG-0566-1.jpg
_MG-0232-1.jpg

先日、東山区知恩院門前にほど近い「祇園えもん」という、一件の和食料理店を改装する機会に恵まれた。聞けば、25年前の創業以来、包丁一つでこだわりの寿司を握り続けてこられたご主人が、後継者であるご子息と一緒に新しい寿司海鮮料理店をリニューアルオープンしたいというのである。
30坪弱の従前の店内には、紅葉を配した小さな坪庭も整備されており、四季折々の風情も楽しめる京都らしい雰囲気のある空間ではあった。しかしながら同時に、飾り気のない無難なデザイン構成であったため、どことなく印象の弱さを感じさせるスペースでもあった。
ただ、長年、カウンターとして使用されていた長さ2間半ほどもある一枚の檜板は大切に使用され、毎日丁寧に手入れをされてきた。厚み3寸程もあるその一枚板は、反りを生じることもなく、むしろ年を経るごとに美しくなっているようにすら感じられた。店舗コンセプトに基づき、様々なリニューアルプラン案が検討される中、私はこのカウンターだけは残しておきたいと考えた。私には、まるで一枚板が、先代から二代目へ受け継がれる大切な心のバトンのように感じられたからである。
「ともに仕事をしていくなかで、師匠である父から受け継いだ技と心を大切に、素材と向き合い、感性の赴くままに、自分の料理を究めていきたい。」と二代目 安喰一智氏。父親から受け継いだバトンに、更に磨きをかけて輝きを増してほしい。そんな願いをこめた空間創生プロジェクトであった。

トップページ お問い合わせ 会社概要 サイトマップ 建築家京都シティドットコムトップページへ