建築家京都シティ HOME > 建築豆知識 > 柳小路と八兵衛明神

一級建築士事務所(株)ローバー都市建築事務所

柳小路と八兵衛明神

(2008年10月17日号 毎日新聞京都版朝刊 京都空間創生術54より引用)

京都で最も賑わいのある繁華街、四条河原町。その北西部分には、「柳小路」という小さな通り抜けができる路地が存在する。巾2mほどの小さな路地であるが、両側には古くからの飲食店や居酒屋が建ち並び、昭和のレトロな雰囲気を今もなお現在に伝えている。河原町オーパの裏側と美松劇場の間にあり、うっかりすると見過ごしてしまいそうなほどである。

 この「柳小路」の歴史は古く、天正18年(1590)から始まった、太閤秀吉の京都大改造にまでさかのぼる。洛中に散在していた諸寺院は、東京極あたりに強制的に移転させられ、「寺町」を形成するに至る。現在の中之町、柳小路界隈には 歓喜光寺が高辻烏丸より移転し、境内には天満宮も移設された。明治政策の神仏分離により、明治40年に現在の京都市山科区へと寺院は移転するのであるが、天満宮は取り残された。現在でも、境内にあった天満宮は「錦天満宮」として、新京極通りに残り、学業と商売繁盛の神様として市民に親しまれている。

 そんな、歓喜光寺の境内には三匹の狸が住み着いていたそうである。名前を「六兵衛」「七兵衛」「八兵衛」といったそう。柳小路の中にある「八兵衛明神」。小さなお社の中には、かわいい8体の信楽焼の狸がおかれている。寺院が移転す るときに、「八兵衛」狸を祀り、地域の鎮守社として創建された。【商売上達】・【招恋】・【幸福満々】・【成績良好】・【心身健康】・【金運最高】・ 【勝運良調】・【家内安全】とまさに八相縁起の御利益を授かれる神社として、人気のスポットとなっている。ちなみに、「六兵衛明神」は錦天満宮、「七兵衛明神」その隣の丸二食堂にそれぞれ祀られている。

 石畳と柳が印象的な「柳小路」。買い物帰りのひとときに訪れてみるのもいいのではないだろうか。

23_3.jpg

トップページ お問い合わせ 会社概要 サイトマップ 建築家京都シティドットコムトップページへ