建築家京都シティ HOME > 著名建築家 > 磯崎 新(いそざき あらた)

一級建築士事務所(株)ローバー都市建築事務所

磯崎 新(いそざき あらた)

磯崎 新(いそざき あらた、1931年(昭和6年)7月23日 - )は日本の建築家。一級建築士、アトリエ建築家。
大分県大分市出身。父は実業家で俳人の磯崎操次。夫人は彫刻家の宮脇愛子。

経歴[編集]
旧制大分中学(現大分県立大分上野丘高等学校)卒業。
1954年 - 東京大学工学部建築学科を卒業。(23歳)
1960年 - 丹下健三研究室で黒川紀章らとともに東京計画1960に関わる。
1961年 - 東京大学数物系大学院建築学博士課程を修了。伊藤ていじ、川上秀光らと八田利也(はったりや)のペンネームを用い「現代建築愚作論」を執筆し、反響を呼ぶ。(30歳)
1963年 - 丹下健三研究室(都市建築設計研究所)を退職し、磯崎新アトリエを設立。(32歳)
1967年 - 大分県立大分図書館竣工。(36歳)初期の代表作で、1997年に改修されアートプラザになった。
1968年 - 株式会社環境計画代表取締役。
1970年 - 大阪万博のお祭り広場(1970年)を丹下と共同で手がけた。
1975年 - 著書『建築の解体』、群馬県立近代美術館、北九州市立美術館など多産な年。
1980年 - 写真家篠山紀信とコンビで「建築行脚」シリーズを刊行( - 1992年)。
1983年 - つくばセンタービル竣工。ポストモダン建築の旗手と目されるようになった。(52歳)
1986年 - 東京都庁舎のコンペに参加(8社指名)。超高層建築の丹下健三案(当選)に対して、シティホールのあり方を問う中層建築の案を提出した。
1991年 - 2000年まで世界各地で開催されたAnyコンファレンスを企画、参加。
1991年 - 2002年まで第一期、二期、三期にわたり『批評空間』誌編集顧問。
1996年 - 織部賞の選考委員長に就任。
1996年, 2000年, 2004年 - ヴェネツィア・ビエンナーレ建築展・日本館コミッショナー。

受賞
1967年 日本建築学会賞作品賞(大分県立大分図書館)(36歳)
1969年 芸術選奨新人賞美術部門(38歳)
1975年 日本建築学会賞作品賞(群馬県立近代美術館)(44歳)
1986年 王立英国建築家協会(RIBA)より、RIBAゴールドメダル受賞(55歳)
1988年 朝日賞受賞
1996年 ヴェネツィア・ビエンナーレ建築展金獅子賞受賞(第6回ヴェネツィア・ビエンナーレ建築展日本館展示「亀裂」)(65歳)

トップページ お問い合わせ 会社概要 サイトマップ 建築家京都シティドットコムトップページへ