建築家京都シティ HOME > 著名建築家 > 原 広司(はら ひろし)

一級建築士事務所(株)ローバー都市建築事務所

原 広司(はら ひろし)

原 広司(はら ひろし、1936年9月9日[1] - )は、日本の建築家。東京大学名誉教授。

略歴
神奈川県川崎市生まれ。
1955年 長野県飯田高等学校卒業、東京大学入学
1959年 東京大学工学部建築学科卒業
1961年 RAS設計同人設立
1964年 東京大学大学院数物系研究科建築学専攻博士課程修了(工学博士)
1964年 東洋大学工学部建築学科助教授
1969年 東京大学生産技術研究所助教授
1982年 東京大学生産技術研究所教授
1997年 東京大学を定年退官し東京大学名誉教授の称号を得る
現在は世界中の集落調査を基盤に、原広司+アトリエファイ建築研究所での設計活動を展開している

受賞歴
1983年 ラヴィレット公園(仏)国際設計競技 入選
1986年 LUMEN賞
1986年 日本建築学会賞 作品賞 (田崎美術館)
1988年 村野藤吾賞 (ヤマトインターナショナル)
1988年 サントリー学芸賞 (空間<機能から様相へ>)
1993年 日経BP技術賞 大賞 (梅田スカイビル)
2001年 ブルネル賞建築部門 激励賞 (京都駅ビル)
2003年 日本建築学会作品選奨 (札幌ドーム)
2003年 BCS賞 (札幌ドーム)
2013年 日本建築学会大賞

トップページ お問い合わせ 会社概要 サイトマップ 建築家京都シティドットコムトップページへ