建築家京都シティ HOME > 著名建築家 > 古谷 誠章(ふるや のぶあき)

一級建築士事務所(株)ローバー都市建築事務所

古谷 誠章(ふるや のぶあき)

古谷 誠章(ふるや のぶあき、1955年(昭和30年)2月20日 - )は日本の建築家。NASCA共同主宰。早稲田大学創造理工学部教授。日本芸術院賞、日本建築学会賞作品賞、吉岡賞、JIA新人賞など多数受賞。

略歴
1955年 東京都生まれ。
1973年 東京都立青山高等学校卒業。
1978年 早稲田大学理工学部建築学科卒業。
1980年 早稲田大学大学院修了(穂積信夫研究室)。
1983年 早稲田大学理工学部助手。
1986年 近畿大学工学部講師。
1986~1986年 文化庁芸術家在外研修員としてマリオ・ボッタ事務所に在籍。
1990~1994年 近畿大学工学部助教授。
1994年 八木佐千子とスタジオナスカ(現NASCA)共同設立。
1994~1997年 早稲田大学理工学部助教授。
1997年 早稲田大学教授。
2010年 東北大学非常勤講師。

受賞歴
1980年 小野梓記念芸術賞受賞(25歳)
1991年 吉岡賞(現新建築賞) - 狐ヶ城の家(36歳)
1999年 日本建築家協会JIA新人賞(44歳)
2000年 中里村新庁舎プロポーザル案一等
2001年 茅野新市民会館プロポーザル案一等
2007年 日本建築学会賞作品賞 - 茅野市民館(52歳)
2007年 日本建築家協会賞 - 茅野市民館
2011年 日本芸術院賞 - 茅野市民館

主な作品

神流町中里合同庁舎

茅野市民館
1990年 狐ヶ城の家(35歳)
1994年 天草ビジターセンター・天草展望休憩所
1995年 せんだいメディアテークコンペ案(優秀賞)
1996年 香美市立やなせたかし記念館・アンパンマンミュージアム(41歳)
1997年 早稲田大学大久保キャンパス新研究棟 ハイテク・リサーチ・センター(協同設計:鈴木恂)
1998年 やなせたかし記念館・詩とメルヘン絵本館
1998年 早稲田大学會津八一記念博物館改修
1998年 バウムハウス
2000年 ジグハウス/ザグハウス(45歳)
2003年 神流町中里合同庁舎
2004年 神流町立中里中学校体育館
2005年 茅野市民館(50歳)
2007年 谷間の日時計の家
2009年 小布施町立図書館まちとしょテラソ
2009年 高崎市立桜山小学校
2009年 Campus Cafe
2012年 LUPICIA滋賀水口工場

著書
『マリオ・ボッタ|構想と構築』(翻訳、鹿島出版会、1999年)
『エスキスシリーズ4 建築を見る 谷口吉生「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館・図書館」』(彰国社、2001年)
『Shuffled 古谷誠章の建築ノート』(TOTO出版、2002年)ISBN 4-88706-213-3
『がらんどう』(王国社、2009年)
『「マド」の思想ー名住宅を原図で読むー』(彰国社、2010年)

トップページ お問い合わせ 会社概要 サイトマップ 建築家京都シティドットコムトップページへ