建築家京都シティ HOME > 著名建築家 > 坂本 一成(さかもと かずなり)

一級建築士事務所(株)ローバー都市建築事務所

坂本 一成(さかもと かずなり)

略歴
東京都生まれ
1963年 東京都立立川高等学校卒業。(20歳)
1966年 東京工業大学卒業。(23歳)
1971年 武蔵野美術大学建築学科専任講師。(28歳)
1977年 同大助教授(現准教授)。(34歳)
1983年 東京工業大学助教授(現准教授)。(40歳)
1991年 同大教授。(48歳)
2009年 東京工業大学退官。同大名誉教授。(66歳)

著書
『INAX ALBUM20 構成形式としての建築 コモンシティ星田を巡って』INAX出版、1994年。
『住まい学大系74 対話・建築の思考』共著、住まいの図書館出版局、1996年。
『坂本一成 住宅ー日常の詩学』TOTO出版、2001年。
『建築を思考するディメンション 坂本一成との対話』共著、TOTO出版、2002年。
『坂本一成|住宅』新建築社、2008年。
『建築に内在する言葉』TOTO出版、2011年。

受賞歴
1990年 - 日本建築学会賞作品賞(HOUSE F)(47歳)
1992年 - 村野藤吾賞(コモンシティ星田)(49歳)

その他
同じ高校を卒業し、同じ大学の同じ研究室を卒業した者に、東京造形大学元学長、教授の白澤宏規、紀行作家の稲葉なおとがいる。
広島8大学卒業設計展など審査員を歴任。

トップページ お問い合わせ 会社概要 サイトマップ 建築家京都シティドットコムトップページへ