建築家京都シティ HOME > 著名建築家 > 遠藤秀平(えんどう しゅうへい)

一級建築士事務所(株)ローバー都市建築事務所

遠藤秀平(えんどう しゅうへい)

来歴
1960年滋賀県びわ町(現 長浜市)に生まれる。1986年京都市立芸術大学大学院を修了後、石井修/美建・設計事務所に勤める。その後独立し、1988年遠藤秀平建築研究所を設立。1990年に最初期の作品である3rd FACTORY志野陶石でアンドレア・パラディオ国際建築賞を受賞。1994年のCyclestation 米原では、主に土木用の材料であるコルゲート鋼板を軽やかに湾曲させて用い、以降の建築でも数多く登場する。1998年のSpringtecture 播磨ではコルゲート鋼板を螺旋状に展開し、内外の境界を緩やかにつなぐ建築を生み出し、世界で最も有名なトイレの一つとして名を馳せている。近年は2007年のSlowtecture 三木(ブルボンビーンズドーム)における屋根壁面の大規模な緑化、そしてBubbletecture ひょうご(ひょうご環境体験館)では、間伐材を主要構造材とする立体トラス構造の三次元空間など、地球環境と建築の新たな関係性を構築する提案を行っている。ElectaやCodexなど海外の出版社からの著作や講演も多く、国際的な評価の高い現代建築家の一人である。

略歴
1960年 滋賀県びわ町生まれ
1986年 京都市立芸術大学大学院修了
    石井修/美建・設計事務所勤務
1988年 遠藤秀平建築研究所設立
2004年 ザルツブルクサマーアカデミー教授
2007年 より現職

主な作品
1990年- 3rd FACTORY 志野陶石
1994年- Cyclestation 米原
1996年- Healtecture 小森
1997年- Transtation 大関
1998年- Springtecture 播磨
1999年- Rooftecture 姫路
2000年- Rooftecture AWE
2000年- Rooftecture びわ
2002年- Springtecture びわ
2002年- Growtecture 宣成社
2003年- Bubbletecture 米原
2003年- Rooftecture 筑紫
2005年- Rooftecture 塩屋
2006年- Gravitecture 大阪城
2007年- Slowtecture 三木
2007年- Rooftecture M’s
2008年- Bubbletecture ひょうご
2009年- Gravitecture 三木

主な受賞
1993年- アンドレア・パラディオ国際建築賞
1995年- 大阪府建築コンクール渡辺節賞
1997年- JCDデザイン賞大賞
1998年- 環太平洋文化建築デザイン賞
1999年- カラーラ国際石材建築賞大賞
1999年- 関西建築家大賞
1999年- 日本建築美術工芸協会賞
2000年- ベネツィアビエンナーレサードミレニアム建築大賞
2000年- アーキテクチュラルレビューar+d大賞
2001年- フランチェスコボロミーニ国際建築賞
2002年- 第8回公共建築賞優秀賞
2003年- 芸術選奨新人賞
2003年- 環太平洋文化建築デザイン賞大賞
2004年- ベネツィアビエンナーレ特別賞
2004年- 日本仕上学会賞作品賞
2005年- 国際子供のための建築賞大賞
2006年- BCS賞
2007年- アルカシア建築賞 ゴールドメダル
2008年- 屋上・壁面・特殊緑化技術コンクール 環境大臣賞
2009年- グリーングッドデザイン賞

主な著書等
1999年- GG Portfolio "Shuhei Endo"/ EditorialGG, SA
2002年- ENDO SHUHEI PARAMODERN/amus art press
2003年- Paramodern Architecture/ Electa
2006年- GRAVITECTURE/ いちい書房
2006年- Crematorium/ Codex
2007年- Paramodern manifesto/ Codex
2007年- BEANS DOME/ 鹿島出版
2007年- Next Architect/学芸出版社
2008年- 水没コンペ/彰国社
2009年- Next Architect2/学芸出版社

トップページ お問い合わせ 会社概要 サイトマップ 建築家京都シティドットコムトップページへ