建築家京都シティ HOME > 著名建築家 > 横河 健(よこがわ けん)

一級建築士事務所(株)ローバー都市建築事務所

横河 健(よこがわ けん)

日本の建築家。日本大学教授。 1948年東京生まれ。祖父は建築家で横河グループ創業者の横河民輔。伯父は建築家で横河ブリッジ・横河電機の社長を務めた横河時介。父は横河電機社長を務め、同社の中興の祖といわれる横河正三。横河設計工房を主宰。
1972年、日本大学芸術学部美術学科卒業。1970年から1971年には、交換留学生として、ワシントン州立大学に留学。
1972年から1976年まで、黒川雅之建築設計事務所に勤務。1976年に、設計事務所クレヨン&アソシエイツを設立し共同主宰する。1982年、株式会社横河設計工房を設立し活動する。
1987年以降、日本大学の芸術学部や理工学部で非常勤講師を務め、2001年以降は日本大学研究所、日本大学理工学部建築学科の教授となる。 2002年、日本建築家協会環境建築賞(CESS)を受賞。
代表作に、1989年に東京建築賞都市計画局長賞を受賞した警視庁日比谷公園前派出所、1991年都営地下鉄12号線(大江戸線)大門・汐留駅駅舎(公開コンペ最優秀賞)、横河電機本社(1993年横河電機本社前バス停で、武蔵野市まちづくり大賞まちなみ部門受賞)、2000年グッドデザイン賞を受賞した、CESS・埼玉県環境科学国際センター、1999年に日本建築学会賞作品賞、デュポンベネディクタス賞を受賞した「グラスハウス」、 2003年日本建築学会作品選奨を受賞した武蔵野市立0123はらっぱ、などがある。

トップページ お問い合わせ 会社概要 サイトマップ 建築家京都シティドットコムトップページへ