建築家京都シティ HOME > 著名建築家 > 001日本の著名な建築家

一級建築士事務所(株)ローバー都市建築事務所

佐藤 光彦(さとう みつひこ)

略歴
神奈川県生まれ
1986年 日本大学理工学部建築学科卒業(24歳)
1986~92年 伊東豊雄建築設計事務所勤務
1993年 佐藤光彦建築設計事務所設立(31歳)
1996~01年 湘北短期大学生活科学科非常勤講師
1998~03年 日本大学理工学部建築学科非常勤講師
2001~03年 東海大学工学部建築学科非常勤講師
2002年~ 広島工業大学環境学部環境デザイン学科非常勤講師
2004~05年 日本大学大学院理工学研究科非常勤講師
2004~06年 名古屋市立大学大学院芸術工学研究科助教授
2006年 日本大学理工学部建築学科准教授(44歳)
2011年 日本大学理工学部建築学科教授(49歳)

受賞歴
1995年 SDレビュー入選(Mホテル計画)(33歳)
1996年 SDレビュー入選(Sビル計画)(34歳)
1996年 平田町タウンセンター公開設計競技 特別賞
1997年 平成8年度東京建築士会住宅建築賞(上馬の住宅)(35歳)
1999年 平成10年度東京建築士会住宅建築賞(梅ヶ丘の住宅)(37歳)
2000年 平成11年度東京建築士会住宅建築賞(仙川の住宅)(38歳)
2001年 第17回吉岡賞(仙川の住宅)(39歳)
2001年 松之山自然科学館公開設計競技 入選
2001年 新富弘美術館国際設計競技 佳作
2002年 JCD賞 優秀賞(+A VIA BUS)(40歳)
2002年 グッドデザイン賞(保土ヶ谷の住宅2)
2003年 日本建築家協会JIA新人賞(西所沢の住宅)(41歳)
2004年 武蔵境新公共施設設計プロポーザル 佳作(42歳)
2005年 JIA優秀建築選 2005(江東の住宅、門前仲町の住宅)(43歳)
2006年 大門中央通り地区市街地再開発ビル設計者選定競技 優秀賞(44歳)
2007年 JIA優秀建築選 2005(江東の住宅、門前仲町の住宅)(45歳)
2008年 くまもとアートポリス熊本駅西口駅前広場設計競技 最優秀賞(46歳)
2008年 澄心寺・庫裏デザインコンペティション 入選

主な作品
1997年 上馬の住宅(平成8年度東京建築士会住宅建築賞)(35歳)
1999年 梅ヶ丘の住宅(平成10年度東京建築士会住宅建築賞)(37歳)
1999年 仙川の住宅(平成11年度東京建築士会住宅建築賞 第17回新建築賞)
2002年 +A VIA BUS (JCD賞優秀賞)(40歳)
2002年 保土ヶ谷の住宅2 (グッドデザイン賞建築)
2003年 西所沢の住宅 (日本建築家協会新人賞)(41歳)
2005年 江東の住宅(JIA優秀建築選2005)
2005年 門前仲町の住宅(JIA優秀建築選2005)(43歳)

出典
新建築社 「新建築」2010年2月号、『trois』、125-133項

石田 敏明(いしだ としあき)

概要
住宅、集合住宅を得意とする建築家の一人である。

略歴
広島県生まれ
1973年 広島工業大学工学部建築学科卒業。
1973~81年 (株)伊東豊雄建築設計事務所勤務。
1982年 (株)石田敏明建築設計事務所設立。
1993~96年 日本大学理工学部海洋建築工学科非常勤講師。
1995~96年 広島工業大学環境学部環境デザイン学科非常勤講師。
1997年 前橋工科大学工学部建築学科教授。
現在 前橋工科大学大学院工学研究科建築学専攻教授。広島工業大学環境学部環境デザイン学科非常勤講師。

受賞歴
1984年  SD Review 1984 入選/浦崎の家
1987年  住宅建築賞/茅ヶ崎の家
1988年  MCH住宅設計競技 一席
1992年  住宅建築賞 金賞/綱島の家
1996年  日本建築家協会JIA新人賞/NOSハウス
1996年  第12回吉岡賞(現新建築賞)/F4
1998年  千葉ニュータウン印西東消防分署指名設計競技 一等

主な作品
1986年 茅ケ崎の家(住宅建築賞)
1992年 綱島の家(住宅建築賞 金賞)
1993年 NOSハウス(JIA新人賞)
1995年 F4(吉岡賞)
2007年 タルト
2010年 T-10f

遠藤 政樹(えんどう まさき)

概要
鉄骨構造の住宅や商業施設を含んでいる集合住宅を発表している。2004年度グッドデザイン賞を受賞した「ナチュラル・エリプス(Natural Ellipse)」は、パリのポンピドゥー・センターの永久保存コレクションに選ばれ、模型とスケッチブックがセンター内に展示されている。
「箱の家」シリーズで知られる難波和彦+界工作舎の出身。

略歴
1987年 東京理科大学卒業
1989年 東京理科大学大学院修士課程修了
1989〜1994年 難波和彦+界工作舎
1994年 EDH遠藤設計室設立
1999年〜 東京理科大学非常勤講師
2004〜2008年 東京都立大学非常勤講師
2005〜2008年 千葉工業大学非常勤講師
2008年 千葉工業大学准教授
2013年 千葉工業大学教授
 
受賞歴
1997年 東京都都市計画局長賞(初台のアパート)
東京建築士会住宅建築賞(初台のアパート)
東京都建築士事務所協会東京建築賞(初台のアパート) 
1998年 SDレビュー(Natural Unit)
2000年 第16回吉岡賞(Natural Shelter)  第2回あたたかな住空間デザインコンペティション特別優秀賞(Natural Shelter) 東京建築士会住宅建築賞(Natural Shelter)
2003年 2003年度日本建築家協会JIA新人賞(Natural Ellipse) 第5回あたたかな住空間デザインコンペティション特別優秀賞(Natural Slats) 長浜・かねぼう町まちづくり集会所コンペ審査員特別賞
2004年 2004年度グッドデザイン賞(Natural Ellipse) 2004日本建築学会作品選奨(Natural Slats) 
2005年 2005日本建築学会作品選奨(Natural Ellipse)
2006年 2006日本建築学会作品選奨(Natural Seam)
2008年 第16回BEST STORE OF THE YEAR優秀賞(Natural StripⅢ)
2009年 第12回TEPCO快適住宅コンテスト佳作(Natural Patches) 2009年度グッドデザイン賞(Natural Patches)

主な作品
Natural Unit
Natural Shelter
Natural Ellipse
Natural Slats
Natural Seam
Natural Patches
Natural StripI
Natural StripII
Natural StripIII

著書
ナチュラルエリップス―建築家遠藤政樹+池田昌弘 (World Architecture) 、バナナブックス、2006年

中村 好文(なかむら よしふみ)

略歴
千葉県九十九里町出身。武蔵野美術大学建築学科卒業。卒業制作では宇宙船内の無重力下を想定した住宅を設計するも評価は得られなかった。小さな設計事務所に勤務するも数年で退職し、その後都立品川職業訓練校木工科にて家具製作を学んだ。1976年から1980年まで吉村順三設計事務所に勤務し、吉村の家具製作のアシスタントを務めた。1981年に独立して設計事務所を設立し、住宅建築を中心に活動し家具製作も行っている。1993年に「一連の住宅作品」で第18回吉田五十八賞特別賞を受賞。伊丹十三のエッセイが好きで、2007年に開館した伊丹十三記念館の設計を担当している。
様々な建物を紹介するエッセイストとしても知られており、建築家としての活動のみならず執筆活動も20年にわたって継続的に行っている。

作品
1987年 三谷さんの家 (第1回吉岡賞)
1994年 museum as it is
1993年 諸職の技術を生かした住宅 (第18回吉田五十八賞特別賞受賞)
2007年 伊丹十三記念館

著書
『吉村順三・住宅作法』 吉村順三との共著、1991年、世界文化社
『普請の顛末』 柏木博との共著、2001年、岩波書店
『住宅巡礼』 2000年、新潮社
『続住宅巡礼』 2002年、新潮社
『普段着の住宅術』 2002年、王国社
『住宅読本』 2004年、新潮社
『意中の建築 上・下巻』 2005年、新潮社 上巻 、下巻
『フランスロマネスクを巡る旅』  木俣元一との共著、2004年、新潮社
『パン屋の手紙 往復書簡でたどる設計依頼から建物完成まで』 神幸紀との共著、2013年、筑摩書房

山下 保博(やました やすひろ)

来歴・人物
1960年鹿児島県奄美大島生まれ。芝浦工業大学大学院修了後、3つの設計事務所を経て1991年に独立。
2004年にar+d世界新人賞(イギリス)グランプリ、釜山エコセンター(自然博物館)国際設計競技1等、2013年釜石市の設計競技「小白浜地区復興公営住宅その1」を建築家集団TeMaLiにて獲得。LEAF Awards 2013(イギリス)にて3部門の最優秀賞を受賞。1995年の阪神淡路大震災から復興支援を続け、2011年の東日本大震災の復興支援として伊東豊雄と共に「釜石漁師のみんなの家」を創り、NPO法人の理事長としてサポートを続けている。
2013年に一般社団法人 地域素材利活用協会を設立し、様々な地域の素材や構法を再編集することにより仕事を生み出し、街づくりに発展させる地域支援活動も行っている。

略歴
1960年 鹿児島県奄美大島で生まれる。
1986年 芝浦工業大学大学院工学研究科建設工学修士課程修了後、齋藤裕建築研究所勤務。(株)PANOM、近藤春司建築事務所勤務。
1991年 山下海建築研究所設立。
1999年 事務所名をアトリエ天工人(テクト)に改称。
2004年 Project1000設立 現:NPO法人 N・C・S設立
2007年 東京大学大学院非常勤講師(〜2010年)
2008年 東京理科大非常勤講師(〜2010年)
2009年 arcprospect(USA)評議員
2010年 慶應義塾大学大学院非常勤講師(〜2012年)
2011年 九州大学非常勤講師(〜2013.3月)
2013年 九州大学客員教授(2013.7月〜)、天工人WEST設立(九州支店)、一般社団法人地域素材利活用協会設立
2014年 Ma 設計事務所、LIFE+shelter associates と統合
2015年 奄美設計集団(天工人と奄美の設計者をつなげる事務所)を開設

受賞歴
2004年 イギリス・ar+d賞2004(国際新人賞/セル・ブリック)、第11回空間デザイン・コンペティション作品部門(金賞/クリスタル・ブリック)
2005年 GOOD DESIGN AWARD 2005(グッドデザイン賞/Lucky Drops)
2007年 Wallpaper Design Award(the Best Bolthole/チカニウマルコウブツ)、日本建築仕上学会学会賞 作品賞・住宅部門(受賞/aLuminum-House)
2008年 INTERNATIONAL ARCHITECTURE AWARD 2008(受賞/チカニウマルコウブツ)、第15回空間デザインコンペティション(金賞/TwinBricks、佳作/白いてんとう虫)、ARCHIP ARCHITECTURE AWARD 2008個人住宅Innovationsの部(グランプリ受賞/チカニウマルコウブツ)
2009年 平成21年度 日事連建築賞(優秀賞/チカニウマルコウブツ)、第16回空間デザインコンペティション(金賞/エチオピア・ミレニウムパビリオン)、2009年度グッドデザイン賞(受賞/システム住宅「Project1000」)
2010年 アルミニウム協会賞/主催:(社)日本アルミニウム協会(開発賞/A-ring)、第32回(平成21年度)金沢都市美文化賞(受賞/A-ring)、照明普及賞(優秀施設賞/A-ring)
2011年 第18回空間デザインコンペテイション(最優秀賞/アース・ブリックス)、Green Good Design 2011(Award/A-ring)、第4回サステナブル住宅賞(優秀賞/A-ring)、2011 residential architect design awards restration/preservation部門(grand award/YA-CHI-YO)
2012年 GOOD DESIGN AWARD 2012(グッドデザイン賞/アース・ブリックス)、
2013年 第5回サステナブル住宅賞(一般財団法人ベターリビング理事長賞/アース・ブリックス)、木材活用コンクール(優秀賞/バウンダリー・ハウス)、LEAF Awards 2013 3部門 最優秀賞受賞(個人住宅部門 : バウンダリー・ハウス , サステナブルな開発部門 : 備蓄倉庫 , 未来の建築部門 : 釜石市公民館及び復興公営住宅)、日本建築家協会賞 (バウンダリー・ハウス)
2014年 平成26年度 日事連建築賞 (日本) 優秀賞 , バウンダリー・ハウス
2014年 JIA 建築賞 (日本) 日本建築家協会賞 , バウンダリー・ハウス
2014年 International Architecture Awards 2014 (アメリカ, シカゴ) 受賞 , 釜石市公民館及び復興公営住宅
2015年 ARCASIA Awards for Architecture 金賞 , バウンダリー・ハウス
2016年 日本コンクリート工学会賞 (日本)作品賞 , R・トルソ・C
コンペ[編集]
2004年 釜山エコセンターのコンペティション/1等
2005年 ソウル パフォーミングアーツセンター国際設計競技/2等
2010年 かまいし未来のまちプロジェクト第2号 釜石市災害復興公営住宅プロポーザルSystem Residence in 21st Century Competition, Architectural Design Award (collaboration with Raum Architects/ARAI)/最優秀賞
2013年 かまいし未来のまちプロジェクト第2号 釜石市災害復興公営住宅プロポーザルSystem Residence in 21st Century Competition, Architectural Design Award (collaboration with Raum Architects/ARAI)/最優秀賞
2014年 瀬戸内町文化会館(仮称)建築基本設計公募型プロポーザル ファイナリスト(Dai建築DESIGNと協同)
2014年 (仮称)太田駅北口駅前文化交流施設設計プロポーザル優秀者(次点)
2015年 奄美市本庁舎建設基本設計業務 プロポーザル ファイナリスト(株式会社安井建築設計事務所と協同)
2015年 天草市本庁舎建設設計業務公募型プロポーザル ファイナリスト(株式会社日総建と協同)

主著
2009年 天工人(テクト)流―仕事を生み出す設計事務所のつくりかた/彰国社
2010年 素材・構法からの建築/彰国社
2012年 素材の声を聴く/フリックスタジオ、Tomorrow - 建築の冒険 -/TOTO 出版

堀部 安嗣(ほりべ やすし)

略歴
神奈川県横浜市鶴見区生まれ。1990年、筑波大学芸術専門学群環境デザインコース卒業。1994年、堀部安嗣建築設計事務所設立。2002年、「牛久のギャラリー」で第18回新建築賞吉岡賞を受賞。2003年から東京理科大学非常勤講師、2007年から京都造形芸術大学大学院教授を務める。

主な著書
『memento mori』
『時の居場所』
『静寂の音』(私家版・森オフィス)
『堀部安嗣の建築』(TOTO版、2007年)

作品
南の家
軽井沢の家
由比ガ浜の家
玉川学園の家
砧の家
片瀬海岸の家
鎌倉山の家
小平の家
屋久島の家2
阿佐ヶ谷書庫
竹林寺納骨堂

小川 晋一(おがわ しんいち)

経歴
1978年 日本大学芸術学部卒業
1977年 ワシントン州立大学建築学科交換留学
1984年 文化庁派遣芸術家在外研修員/在ニューヨーク
1984年 ポール・ルドルフ事務所(ニューヨーク)勤務
1985年 アルキテクトニカ(ニューヨーク)勤務
1986年 小川晋一都市建築設計事務所設立
現在:近畿大学工学部建築学科教授、日本大学芸術学部非常勤講師、英国エジンバラ芸術大学建築学科客員教授

受賞歴
1989年 - 第9回SDレビュー入選・朝倉賞
1991年 - 第10回SDレビュー入選
1992年 - 第11回SDレビュー入選
1995年 - 横浜港国際客船ターミナル国際建築設計競技・選外佳作
1995年 - 水俣メモリアル国際設計競技・準佳作入賞
1996年 - スコットランド建築デザインセンター国際公開コンペ 佳作入賞
1996年 - 平田町タウンセンター施設整備公開設計競技 入賞
1996年 - CSデザイン賞 金賞
2002年 - パチンコホールデザインコンペティション 優秀賞
2004年 - DUPONコーリアンデザインコンペティション 最優秀賞
2007年 - INTERNATIONAL ARCHITECTURE AWARD 受賞

作品
1989年 - Cubist House(山口県)
1990年 - Minimalist House(山口県)
1991年 - Restore Station(広島県)
1992年 - X3(山口県)
1993年 - Sound Egg(山口県)
1994年 - Tokuyama Dentist Association Hall(山口県)
1995年 - Minamata Memorial Design Competition(熊本県)
1996年
Isobe Studio & Residence(山口県)
Kid Museum(山口県)
Glass House(広島県)
1998年
Nagaya Ladies Clinic(山口県)
AIR CHAIR
White Cube(広島県)
1999年 - Cassina Ixc.Hiroshima(広島県)
2001年 - Tunnel House(広島県)
2002年
Sadler's Wells(広島県)
ABSTRUCT HOUSE(広島県)
BARBUS(山口県)
104X(山口県)
2003年 - FIREPLACE HOUSE(東京都)
2004年
COURT HOUSE(埼玉県)
LOFT HOUSE(愛知県)
2005年
TWIN COURT HOUSE(福岡県)
SKY COURT HOUSE(福岡県)
AUTOMOTIVE CENTER EINNOVATION SPACE(愛知県)
HORIZON HOUSE(静岡県)
2006年 - CENTER COURT HOUSE(東京都)
2007年
MINIMUM CUBE(東京都)
WHITE COURT HOUSE(東京都)
VOID HOUSE(岐阜県)
36M HOUSE(香川県)
World of Calvin Klein THE HOUSE(東京都)
2008年
LIVING COURT HOUSE(栃木県)
SUMMER HOUSE(神奈川県)
HILL HOUSE(広島県)
AIR COURT HOUSE(三重県)
FLOATING HOUSE(和歌山県)
OCEAN VIEW HOUSE(新潟県)
PANORAMA HOUSE(神奈川県)
2009年 - LIGHT HOUSE(埼玉県)
2012年
150M WEEKEND HOUSE(タイ)
LIBRARY HOUSE(栃木県)
MINIMALIST HOUSE(沖縄県)

著書
「アーキテクトニカのロマンティックモダニズム」(PROCESS社)責任編集翻訳 1977
「SD9906特集 小川晋一 - Transbody / Super traffic 特集号出版」(鹿島出版会) 1984
「アメリカ高層住宅の新しい動き」(PROCESS社)責任編集 1986
「ディテール10月号別冊 小川晋一 / 見えないディテール」(彰国社) 2008

横河 健(よこがわ けん)

日本の建築家。日本大学教授。 1948年東京生まれ。祖父は建築家で横河グループ創業者の横河民輔。伯父は建築家で横河ブリッジ・横河電機の社長を務めた横河時介。父は横河電機社長を務め、同社の中興の祖といわれる横河正三。横河設計工房を主宰。
1972年、日本大学芸術学部美術学科卒業。1970年から1971年には、交換留学生として、ワシントン州立大学に留学。
1972年から1976年まで、黒川雅之建築設計事務所に勤務。1976年に、設計事務所クレヨン&アソシエイツを設立し共同主宰する。1982年、株式会社横河設計工房を設立し活動する。
1987年以降、日本大学の芸術学部や理工学部で非常勤講師を務め、2001年以降は日本大学研究所、日本大学理工学部建築学科の教授となる。 2002年、日本建築家協会環境建築賞(CESS)を受賞。
代表作に、1989年に東京建築賞都市計画局長賞を受賞した警視庁日比谷公園前派出所、1991年都営地下鉄12号線(大江戸線)大門・汐留駅駅舎(公開コンペ最優秀賞)、横河電機本社(1993年横河電機本社前バス停で、武蔵野市まちづくり大賞まちなみ部門受賞)、2000年グッドデザイン賞を受賞した、CESS・埼玉県環境科学国際センター、1999年に日本建築学会賞作品賞、デュポンベネディクタス賞を受賞した「グラスハウス」、 2003年日本建築学会作品選奨を受賞した武蔵野市立0123はらっぱ、などがある。

宮本 佳明(みやもと かつひろ)

略歴
1961年 兵庫県宝塚市生まれ
1984年 東京大学工学部建築学科卒業
1987年 同大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了
1988年 アトリエ第5建築界設立
2002年 宮本佳明建築設計事務所に改称
その後、大阪芸術大学芸術学部環境デザイン学科助教授を歴任する。

主な作品
1992年 Open-Air Kindergarten - 宝塚市
1995年 家族文化アパートメント「愛田荘」 - 宝塚市
1997年 「ゼンカイ」ハウス - 宝塚市
2006年 SHIP - 西宮市
2006年 クローバーハウス - 西宮市
2007年 「ハンカイ」ハウス - 明石市
2009年 澄心寺庫裏 - 長野県
2010年 bird house - 愛知県
2013年 真福寺客殿 - 長野県

単著
2006年 「ゼンカイ」ハウスがうまれたとき」王国社
2007年 「ケンチク模型。宮本流」彰国社
2007年 「環境ノイズを読み、風景をつくる。 」彰国社
2010年 「Grown 」フリックスタジオ

作品集
2012年 「Katsuhiro Miyamoto 」Libria

その他
磯崎新、宮本隆司らとともに、1996年第6回ヴェネツィア・ビエンナーレ建築展に共同出展し、金獅子賞を受賞した。

遠藤秀平(えんどう しゅうへい)

来歴
1960年滋賀県びわ町(現 長浜市)に生まれる。1986年京都市立芸術大学大学院を修了後、石井修/美建・設計事務所に勤める。その後独立し、1988年遠藤秀平建築研究所を設立。1990年に最初期の作品である3rd FACTORY志野陶石でアンドレア・パラディオ国際建築賞を受賞。1994年のCyclestation 米原では、主に土木用の材料であるコルゲート鋼板を軽やかに湾曲させて用い、以降の建築でも数多く登場する。1998年のSpringtecture 播磨ではコルゲート鋼板を螺旋状に展開し、内外の境界を緩やかにつなぐ建築を生み出し、世界で最も有名なトイレの一つとして名を馳せている。近年は2007年のSlowtecture 三木(ブルボンビーンズドーム)における屋根壁面の大規模な緑化、そしてBubbletecture ひょうご(ひょうご環境体験館)では、間伐材を主要構造材とする立体トラス構造の三次元空間など、地球環境と建築の新たな関係性を構築する提案を行っている。ElectaやCodexなど海外の出版社からの著作や講演も多く、国際的な評価の高い現代建築家の一人である。

略歴
1960年 滋賀県びわ町生まれ
1986年 京都市立芸術大学大学院修了
    石井修/美建・設計事務所勤務
1988年 遠藤秀平建築研究所設立
2004年 ザルツブルクサマーアカデミー教授
2007年 より現職

主な作品
1990年- 3rd FACTORY 志野陶石
1994年- Cyclestation 米原
1996年- Healtecture 小森
1997年- Transtation 大関
1998年- Springtecture 播磨
1999年- Rooftecture 姫路
2000年- Rooftecture AWE
2000年- Rooftecture びわ
2002年- Springtecture びわ
2002年- Growtecture 宣成社
2003年- Bubbletecture 米原
2003年- Rooftecture 筑紫
2005年- Rooftecture 塩屋
2006年- Gravitecture 大阪城
2007年- Slowtecture 三木
2007年- Rooftecture M’s
2008年- Bubbletecture ひょうご
2009年- Gravitecture 三木

主な受賞
1993年- アンドレア・パラディオ国際建築賞
1995年- 大阪府建築コンクール渡辺節賞
1997年- JCDデザイン賞大賞
1998年- 環太平洋文化建築デザイン賞
1999年- カラーラ国際石材建築賞大賞
1999年- 関西建築家大賞
1999年- 日本建築美術工芸協会賞
2000年- ベネツィアビエンナーレサードミレニアム建築大賞
2000年- アーキテクチュラルレビューar+d大賞
2001年- フランチェスコボロミーニ国際建築賞
2002年- 第8回公共建築賞優秀賞
2003年- 芸術選奨新人賞
2003年- 環太平洋文化建築デザイン賞大賞
2004年- ベネツィアビエンナーレ特別賞
2004年- 日本仕上学会賞作品賞
2005年- 国際子供のための建築賞大賞
2006年- BCS賞
2007年- アルカシア建築賞 ゴールドメダル
2008年- 屋上・壁面・特殊緑化技術コンクール 環境大臣賞
2009年- グリーングッドデザイン賞

主な著書等
1999年- GG Portfolio "Shuhei Endo"/ EditorialGG, SA
2002年- ENDO SHUHEI PARAMODERN/amus art press
2003年- Paramodern Architecture/ Electa
2006年- GRAVITECTURE/ いちい書房
2006年- Crematorium/ Codex
2007年- Paramodern manifesto/ Codex
2007年- BEANS DOME/ 鹿島出版
2007年- Next Architect/学芸出版社
2008年- 水没コンペ/彰国社
2009年- Next Architect2/学芸出版社

渡辺 明(わたなべ あきら)

略歴
1960年、日本大学理工学部工業経営学科建築専攻(現日本大学生産工学部建築工学科)を卒業し、竹中工務店に勤務。
1980年、ハーバード大学に研修留学。帰国後、渡辺明設計事務所を設立。
1985年からは日本大学理工学部で、海洋建築工学科と建築学科で非常勤講師をつとめた。
1989年、新日本建築家協会(現日本建築家協会)新人賞を受賞。
1988年、成城の住宅が日本建築学会作品選奨に選ばれる。
2002年「W-HOUSE」で日本建築学会賞作品賞を受賞。

その他の作品に、東京プリンスホテルがある。

六角 鬼丈(ろっかく きじょう)

略歴
東京都立武蔵丘高等学校卒業。
1965年 東京藝術大学美術学部建築科卒業後、磯崎新アトリエに勤務。
1968年 六角デザイン工房(現・六角鬼丈計画工房)開設。
1979年 吉田五十八賞受賞。
1991年 日本建築学会賞作品賞受賞。東京藝術大学美術学部建築科教授に就任。
2009年 東京藝術大学退官。東京藝術大学名誉教授。

主な作品
1970年 石黒邸
1977年 雑創の森学園
1980年 塚田邸パートⅠ
1980年 金光教福岡高宮教会
1983年 石河邸
1984年 大雪展望台
1984年 花輪邸
1990年 東京武道館(日本建築学会賞)
1999年 東京藝術大学大学美術館
1995年 まんだら遊苑(富山県立山博物館)
2000年 感覚ミュージアム

その他
野武士世代と伝えられている。(槇文彦が命名。)

主要文献
『日本の建築家(3) 六角鬼丈 奇の力』(日本の建築家編集部、丸善、1985年)
『現代建築 空間と方法 25 六角鬼丈』(六角鬼丈、同朋舎出版、1986年)
『住まい学体系/029 新鬼流八道 叛モダニズム独話』(六角鬼丈、住まいの図書館出版局、1990年)

中村 拓志(なかむら ひろし)

概要
石川県金沢市、神奈川県鎌倉市で少年時代を過ごした。
学生時代から建築デザイン分野で受賞歴がある。

略歴
東京都生まれ
1999年 明治大学大学院理工学研究科博士前期課程修了。(25歳)
1999-2002年 (株)隈研吾建築都市設計事務所入所。同事務所設計主任を歴任。
2002年 (株)NAP建築設計事務所設立。(28歳)

受賞歴
リボンチャペル
ベラビスタ境ガ浜
2004年 - 日本商環境設計家協会JCD賞2004 準大賞(Lanvin Boutique Ginza)(30歳)
2006年 - 日本商環境設計家協会JCD賞2006 大賞(Edge Lotus)(32歳)
2008年 - GOOD DESIGN AWARD 2008金賞(Dancing trees,Singing birds)(34歳)
2008年 - 日本建築家協会賞
2010年 - 第26回新建築賞(36歳)
2011年 - 第22回JIA新人賞
2013年 - 日本商環境設計家協会JCD賞2013大賞(東急プラザ)(39歳)
2014年 - 日本商環境設計家協会JCD賞2014大賞(リボンチャペル)(40歳)
※ JCD(日本商環境設計家協会)大賞を三度受賞したのは、過去に例がない。

主な作品
Lanvin Boutique Ginza-(東京都中央区、2004年2月)(30歳)
Edge Lotus-(三重県桑名市、2006年1月)(32歳)
lotus beauty salon
ギャラリー桜の木-(長野県北佐久郡軽井沢町、2007年4月)(33歳)
Dancing trees,Singing birds-(東京都目黒区、2007年8月)
HOUSE C 地層の家-(千葉県、2008年10月)(34歳)

その他
トラフ建築設計事務所の禿真哉は大学時代の同期である。
学生時代から多数のコンペ入賞歴があり、新建築主催日新工業コンペにおいては三年連続で入賞をした。
明治大学大学院時代に第24回日新工業建築設計競技にて2等。審査委員長は建築家の黒川紀章であった。
建築学生・設計大賞`97「装飾された家」で大賞受賞。審査委員の中に後に師事することとなる隈研吾氏がいた。

出演
『情熱大陸』(2007年4月29日)23時 - 23時30分(毎日放送)(33歳)
『トップランナー』(2007年12月8日)23時 - 23時30分(NHK)

著書
『恋する建築』中村拓志、2007年12月3日、アスキー、ISBN 4756150691(33歳)
『微視的設計論』中村拓志、2010年3月20日、INAX出版(36歳)
『地域社会圏モデル-国家と個人のあいだを構想せよ』山本理顕+中村拓志+藤村龍至+長谷川豪+原広司+金子勝+東浩紀、2010年3月30日、INAX出版

有馬裕之(ありま ひろゆき)

鹿児島県出身。Hiroyuki Arima + Urban Fourth主宰。

略歴
1956年 鹿児島県生まれ
1974年 鹿児島県立甲南高等学校卒業
1980年 京都工芸繊維大学工芸学部建築工芸学科卒業
1980年 竹中工務店入社
1990年 Hiroyuki Arima+Urban Fourth設立
近年はモンゴルでの都市計画、ロシアのプロジェクトなど活躍の場を海外に広げている。

主な受賞
1984年 JCD デザイン賞優秀賞(一般社団法人日本商環境デザイン協会)
1984年 第2回北九州建築文化賞(北九州市)
1986年 JCD デザイン賞奨励賞(一般社団法人日本商環境デザイン協会)
1986年 第22回SDA賞(SDA First prize)(公益社団法人日本サインデザイン協会)
1989年 甍賞(日本瓦業協会)
1992年 JCD デザイン賞特別賞(一般社団法人日本商環境デザイン協会)
1992年 第26回SDA賞(SDA First Prize)(公益社団法人日本サインデザイン協会)
1993年 第6回福岡市都市景観賞(福岡市)
1998年 京都市主催国際コンペ「21世紀・京都の未来」において「Fine Prize Award」(京都市)
1999年 第12回福岡県建築住宅文化賞優秀賞(福岡県)
1999年 AR+d Awards(architectural review)
2000年 グッドデザイン賞(日本グッドデザイン協会)
2003年 RECORD HOUSES AWARD(Architectural Record)
2004年 グッドデザイン賞(日本グッドデザイン協会)
2005年 第21回吉岡賞(現・新建築賞)(新建築/財団法人 吉岡文庫育英会)
2005年 RECORD HOUSES AWARD(Architectural Record)
2006年 第9回鹿児島市建築文化賞(鹿児島市)

藤森 照信(ふじもり てるのぶ)

経歴
1946年:長野県諏訪郡宮川村(現茅野市)出身。
1965年:長野県諏訪清陵高等学校卒業。
1971年:東北大学工学部建築学科卒業(元オフコースの小田和正と同期)。東京大学大学院へ進学し東京大学生産技術研究所で村松貞次郎に師事し近代日本建築史を研究した。
1974年:堀勇良ら研究仲間と建築探偵団を結成、やがて全国の研究者と協働で各地に残る近代洋風建築の調査を行った。その過程で関東大震災後に多く建てられた一見洋風の店舗兼住宅群に着目し「看板建築」と命名した。
1979年:論文「明治期における都市計画の歴史的研究」により工学博士号を取得(後に『明治の都市計画』として刊行)。
1984年:この頃から一般誌向けに西洋館をテーマにした多くのエッセイを執筆し、写真家の増田彰久とコンビで多くの著作を出している。
1985年:東京大学生産技術研究所助教授に就任。
1986年: 『建築探偵の冒険・東京篇』でサントリー学芸賞を受賞。赤瀬川原平、南伸坊らと路上観察学会を結成した。本業の建築史研究では、国内に留まらずアジア各国に研究のフィールドを広げるようになり、その成果が『全調査東アジア近代の都市と建築』(1996年)である。
1991年:神長官守矢史料館で建築家としてデビュー(藤塚光政『神長官守矢史料館』、TOTO出版、1992年で紹介)。設計作品では自然素材を大胆に使う。
1997年:「赤瀬川原平氏邸に示されたゆとりとぬくもりの空間創出」で第29回日本芸術大賞(財団法人新潮文芸振興会)を受賞。自邸(タンポポハウス)なども話題になる。
1998年:東京大学生産技術研究所教授に昇格。日本近代の都市・建築史の研究(『明治の東京計画』及び『日本の近代建築』)により日本建築学会賞(論文)を受賞。
2001年:熊本県立農業大学校学生寮で日本建築学会賞(作品賞)を受賞。
2006年:9月開催の、第10回ヴェネツィア・ビエンナーレ建築展では日本館のコミッショナーを務めた。またBSフジ明治・大正・昭和の建築~日本の近代化遺産~の番組解説、監修を務めた。
2010年:東京大学を定年退職。工学院大学教授に就任。
2014年:工学院大学を定年退職。
2016年:東京都江戸東京博物館館長に就任。
その他[編集]
「辰野金吾の東京駅はアムステルダム中央駅を模倣したもの」とよく言われるが、藤森は『建築探偵雨天決行』において否定説を唱えている。
縄文建築団
赤瀬川原平が命名した、素人建築趣味集団。業者がなかなかやってくれない作業を、施主と藤森の知人たちが趣味で行う。主要メンバーは、赤瀬川原平,南伸坊,谷口英久ら。

著書
単著
『明治の東京計画』岩波書店、1982年、博士論文。
岩波同時代ライブラリー 1990年、岩波現代文庫 2004年で再刊
『建築探偵の冒険・東京編』筑摩書房、1986年 、ちくま文庫 1989年 
『看板建築 下町商人の粋と見えの建築群』 増田彰久写真 三省堂 1988年
『建築探偵東奔西走』 増田彰久写真  朝日新聞社 1988年、朝日文庫1997年 
『建築探偵雨天決行』 増田彰久写真 朝日新聞社 1989年、朝日文庫1997年
『建築探偵神出鬼没』 増田彰久写真 朝日新聞社 1990年、朝日文庫1997年
『建築探偵奇想天外』 朝日文庫、1997年
『昭和住宅物語 初期モダニズムからポストモダンまで23の住まいと建築家』 新建築社 1990年
『建築探偵日記 東京物語』 王国社、1993年 
『日本の近代建築』岩波新書 上下巻、1993年
『信州の西洋館』 増田彰久写真 信濃毎日新聞社 1995年
『建築探偵の謎』 増田彰久写真 王国社 1997年
『藤森照信野蛮ギャルド建築』 TOTO出版 1998年
『家をつくることは快楽である』 王国社、1998年
『完本・建築探偵日記 東京おんりい・いえすたでい』 王国社 1999年
『タンポポ・ハウスのできるまで』朝日新聞社、1999年、朝日文庫 2001年
『タンポポの綿毛』 朝日新聞社 2000年
『天下無双の建築学入門』ちくま新書、2001年、ISBN 978-448005912-3
『建築探偵、本を伐る』 晶文社 2001年
『藤森照信の原・現代住宅再見』全3巻、下村純一写真、TOTO出版、2002年
『藤森照信の特選美術館三昧』 藤塚光政写真、TOTO出版、2004年
『人類と建築の歴史』ちくまプリマー新書、2005年、ISBN 978-448068712-8
『藤森照信建築』TOTO出版、2007年、 ISBN 978-4-88706-283-2
『建築史的モンダイ』 ちくま新書、2008年 ISBN 9784-480-06429-5  
『ツバキ城築城記』 日経BP社、2009年
『藤森照信、素材の旅』 新建築社、2009年
『建築とは何か 藤森照信の言葉』 エクスナレッジ、2011年

飯田 善彦(いいだ よしひこ)

経歴
1950年 埼玉県浦和市(現さいたま市)に生まれる。
1973年 横浜国立大学工学部建築学科卒業
1974年 (株)計画設計工房 (谷口吉生・高宮真介)に入社。
1980年 一級建築士事務所(株)建築計画(共同:元倉真琴)設立
1986年 一級建築士事務所(株)飯田建築工房設立
1991年 (株)飯田善彦建築工房一級建築士事務所に改組
2012年 横浜国立大学Y-GSA退任。

主な作品
1991年 葉山の家(葉山市 住宅)- 住宅建築賞受賞
1993年 蓼科斜楼(長野県 別荘)- 中部建築賞受賞
1995年 川上村林業総合センター森の交流館(長野県 地域施設)- 建築学会作品賞受賞/木材活用コンクール最優秀賞
1996 興亜石油大阪リファイニングセンター(大阪 事務所, 精油所)- グッドデザイン賞受賞/労働大臣賞受賞(労働省)
北総花の丘公園 花と緑の文化館(千葉県 地域施設)
1997年 逗子K邸 (逗子市 住宅) - INTER INTRA SPACE SELECTION 2000デザイン賞受賞
日経アーキテクチュア優秀賞及び元町特別賞受賞
横浜市市沢地区センター(横浜市 コミュニティ施設)
2000年 横浜国立大学図書館基本構想
2001年 LOOP HOUSE(軽井沢 住宅)- 木質建築デザイン空間コンテスト優秀賞受賞
2002年 東村立新富弘美術館建設国際設計競技 優秀賞
名古屋大学野依研究センタープロポーザル 最優秀賞
名古屋大学野依記念学術交流館(名古屋市 会議施設、宿泊施設)
名古屋大学野依記念物質科学研究館(名古屋市 大学実験棟)- BCS賞受賞/中部建築賞受賞/愛知まちなみ建築賞受賞
横須賀市営鴨居住宅建替建築設計コンペ 最優秀賞
松岡病院(久留米市 病院)
2003年 横浜市立大学 交流プラザ(横浜市 多目的ホール等) - 神奈川建築コンクール奨励賞受賞
ピア赤レンガ(横浜市 観光船待合所)
2004年 龍谷大学深草学舎キャンパス修景構想公開プロポーザル 最優秀賞
龍谷大学深草キャンパス修景計画(京都市 ランドスケープ等)
2005年 横須賀市営鴨居住宅第1期 (横須賀市 共同住宅)
舞子浜病院(福島県)
横須賀市営鴨居住宅第2期(横須賀市 共同住宅)
2006年 SHEMA Factory,R&D Center(フランス 工場) 最優秀賞
佐野清澄高等学校体育館(佐野市 体育館) 最優秀賞
千鳥橋病院附属粕屋診療所(福岡県)
2007年 日の出スタジオ(横浜市 展示場)
2008年 横浜国立大学建築学棟・工学基礎棟改修(横浜市 学校施設)
2009年 元石川小学校第二方面校設計プロポーザル 最優秀賞
2010年 横浜市脱温暖化モデル住宅推進事業プロポーザル 最優秀賞
2011年 沖縄県新看護研修センター設計競技 最優秀賞
京都府新総合資料館設計競技 最優秀賞
名古屋大学理学南館(名古屋市 大学実験棟+講堂)

西沢 大良 (にしざわ たいら)

来歴・人物
建築家の西沢立衛は実弟。

略歴
東京都生まれ
1987年 東京工業大学工学部建築学科卒業。
1987年 入江経一建築設計事務所勤務。
1993年 西沢大良建築設計事務所設立。
東京理科大学、日本大学大学院、日本女子大学、東京大学、東京藝術大学、筑波大学、東京都立大学大学院、等で非常勤講師を歴任。芝浦工業大学建築工学科 教授。

主な作品
1996年 立川のハウス (東京都)
1997年 熊谷のハウス (埼玉県)
1998年 大田のハウス (東京都)
1999年 諏訪のハウス (長野県)
1999年 エンデノイ中目黒 (東京都)
2001年 Sビル (東京都)
2001年 Cビル (東京都)
2003年 調布の集合住宅A (東京都)
2004年 調布の集合住宅B (東京都)
1999年 鶴見のハウス(神奈川県)
2004年 昭島のハウス(東京都)
2005年 川崎のハウス(神奈川県)
2006年 板橋のハウス (東京都)
2008年 宇都宮のハウス (栃木県)
2002~04年 砥用町林業総合センター (熊本県)
2005~06年 ミラノサローネ'06 ユニオン展示会場(イタリア)
2006年 沖縄kokueikan(沖縄県)
2005~08年 駿府教会 (静岡県)
2009年~  今治港再生 都市計画(愛媛県)
2012~13年 直島宮浦ギャラリー六区(香川県)

受賞歴
1997年 東京建築士会住宅建築賞
1999年 東京建築士会住宅建築賞
2001年 東京建築士会住宅建築賞 金賞
2005年 AR AWARDS 最優秀賞 (英国)
2006年 JIA新人賞
2007年 バーバラカポチン最優秀国際賞 (イタリア共和国)
2009年 FAITH & FORM AWARDS 最優秀賞 (米国)

主な展覧会(海外)
2000年 JAPAN.TOWARDS TOTALSCAPE 展(於オランダ王国/オランダ建築博物館)
2000~03年 MINIHAUSER 展(於ドイツ連邦共和国/ミュンヘン建築博物館ほか巡回)
2002~04年 45 UNDER 45 展(於オーストラリア共和国/ウィーン王立建築ギャラリー)
2004年 西沢大良1994~2004展(於日本国/ギャラリー・間)
2005~06年 NEW TRENDS 展(於オーストラリア連邦/RMITほか巡回)
2006年 ロンドン建築ビエンナーレ(於英国/ロンドン)
2006年 ブカレスト建築ビエンナーレ(於ルーマニア共和国/ブカレスト近代美術館)
2006年 ARCHILAB2006 展(於フランス共和国/FRAC)
2007年 DOUBLE EDGE 展(於アメリカ合衆国/UCLA)
2007~12年 PARAREL NIPPON 展(於フランス共和国/日本文化センターほか巡回)
2013~14年 EMBIRONMENT 展(於ロシア共和国/モスクワ大学ほか巡回)
2014年 JAPON, L'ARCHIPEL DE LA MAISON 展(於フランス共和国/パリ•ポワチエ)
2015年 make alternative town 展(於日本国/建築学会ギャラリー)

主な講演(海外)
2001年 スイス連邦    国立工科大学チューリッヒ校
2002年 フランス共和国  パリ高等美術学院
2002年 フランス共和国  フランス建築家協会
2004年 イタリア共和国  在ローマ日本文化会館
2005年 ドイツ連邦     ミュンヘン工科大学
2006年 英国        英国王立建築家協会
2006年 英国        ロンドン大学
2006年 英国        AAスクール
2006年 アメリカ合衆国  ハーバード大学GSD
2006年 アメリカ合衆国  コーネル大学
2006年 アメリカ合衆国  ジャパン・ソサエティー
2006年 オーストラリア連邦 王立メルボルン工科大学
2006年 オーストラリア連邦 シドニー大学
2006年 ギリシャ共和国   パトラス大学
2006年 マレーシア     マレーシア建築家協会
2007年 スペイン王国    ミース・ファン・デル・ローエ財団
2007年 オーストラリア連邦 王立メルボルン工科大学
2008年 アメリカ合衆国   UCLA 
2009年 アメリカ合衆国   UC-BERKLEY
2009年 リトアニア共和国  リトアニア建築家協会
2009年 メキシコ合衆国   国立自治大学
2009年 メキシコ合衆国   イベロ・アメリカーナ大学
2009年 コロンビア共和国  コロンビア建築家協会
2010年 ベルギー王国    ARCHIPEL
2010年 アメリカ合衆国   ユタ大学
2012年 フィンランド共和国 アルバー・アールト財団
2012年 ニュージーランド国 オークランド大学
2012年 オーストラリア連邦 クイーンズランド美術館
2012年 アメリカ合衆国   ユタ大学
2014年 ドイツ連邦     ドレスデン工科大学

作品集
西沢大良1994-2004(toto出版)
西沢大良2004-2010・木造作品集(inax出版)

出演
youtube 「Archi-TV 2009」『インタビュー 西沢大良』2010年1月7日
youtube 「UIA2011東京大会」『都市木造について 講演+討論 西沢大良』2011年9月

ヨコミゾ マコト(横溝真)

概要
神奈川県生まれ。 神奈川県立小田原高等学校を経て、東京芸術大学卒業、同大学大学院修了。伊東豊雄建築設計事務所に勤務後、aat+ヨコミゾマコト建築設計事務所設立。 新富弘美術館の国際設計競技で最優秀案を獲得。

略歴
1962年    神奈川県生まれ
1984年    東京芸術大学美術学部建築科卒業(22歳)
1986年    東京芸術大学大学院美術研究科建築専攻修了(24歳)
1988-2000年  伊東豊雄建築設計事務所勤務
2001年    aat+ヨコミゾマコト建築設計事務所設立(39歳)
2009年    東京芸術大学美術学部建築科准教授(47歳)
2015年    東京芸術大学美術学部建築科教授

主な作品
2001年-同志社大学情報メディア施設計画プロポーザルコンペ案 教育施設 京都(39歳)
2001年-山崎広太「ハイパーバラッド」(共作)ダンス舞台美術 新国立劇場中ホール 東京
2001年-山崎広太「ショロン」(共作)ダンス舞台美術 シアターコクーン 東京
2002年-HEM 集合住宅 東京(40歳)
2002年-FUN 住宅 千葉
2002年-ブラッセルズ神谷町店(共作)店舗内装 東京
2003年-HAB 住宅 千葉(41歳)
2003年-イドロパット渋谷店(共作)店舗内装 東京
2003年-武蔵境新公共施設プロポーザルコンペ案 文化施設 東京
2004年- TEM 集合住宅 東京(42歳)
2004年-MEM 集合住宅 千葉
2004年-MSH 住宅 東京
2005年-富弘美術館 美術館 群馬(43歳)
2005年-十和田市野外芸術文化ゾーンアートセンタープロポーザルコンペ案 美術館 青森
2006年-KEM 集合住宅 東京(44歳)
2006年-NYH スタジオ併用住宅 愛知
2006年-GSH 住宅併用業務ビル 東京
2006年-塩尻市市街地再開発ビルプロポーザルコンペ案 図書館等 長野
2007年- AEM 集合住宅 東京(45歳)
2007年-TEO 集合住宅 東京
2007年-NKR 飲食店 愛知
2008年-空蓮房 ギャラリー 東京(46歳)
2008年-STYIM(共作)集合住宅 東京
2008年-宇土市立宇土小学校プロポーザルコンペ案 教育施設 熊本
2009年- KES 集合住宅 東京(47歳)
2009年-DST 商業ビル 東京
2009年-MES 集合住宅 東京
2009年-OKH 住宅 神奈川
2009年-大多喜町庁舎プロポーザルコンペ案 庁舎 千葉

展覧会
1996年- 第15回SDレビュー(共作) 東京展/ヒルサイドテラス 大阪展/大阪芸術大学
2004年- 世界の美術館未来への架け橋「日本から未来へ」展 兵庫県立美術館、いわき市立美術館、岩手県立美術館、神奈川県立近代美術館、金沢21世紀美術館
2004年- 東京建築士会住宅建築賞入賞・入選作品展 東京
2005年- 東京建築士会住宅建築賞入賞・入選作品展 東京
2005年-ギャラリー・間 20周年記念展「日本の現代住宅1985~2005」展 ギャラリー・間 東京 他、国内巡回
2006年- 国際交流基金「PARALLEL NIPPON パラレル・ニッポン 現代日本建築展」東京都写真美術館 他、海外巡回
2006年-ARHILAB 2006 JAPAN nested in the city展 ORLEANS FRANCE
2007年- SCANNED ARCHITECTURE IN TOKYO展 The Lisbon Architecture Triennale Portuguese Pavilion LISBON
2007年-第1回リスボン建築トリエンナーレ帰国展 リビングデザインセンターOZONE 東京
2008年- INTERSECTION TOKYO展 カリフォルニア州立大学 都市建築学科(UCLA Department of Architecture and Urban Design)

受賞歴
2005年- 東京建築士会住宅建築賞金賞(TEM)
2006年- 日本建築学会賞作品賞(富弘美術館)(44歳)
2006年-International Architecture Award(富弘美術館)
2007年- 日本建築家協会賞(富弘美術館)
2007年-日本産業デザイン振興会グッドデザイン賞金賞(STYIM、2012年よりKDX大伝馬レジデンス)

難波和彦 (なんば かずひこ)

グッドデザイン賞インテリア、吉岡賞(現新建築賞)・住宅建築賞などの受賞歴をもつなど意匠設計者として評価されると同時に、サステナビリティ (持続可能性) を考慮した建築作品群により、工業的側面からも評価を得ている。
代表作として「箱の家」シリーズがある。「箱の家」は、標準化・多様化・サステナビリティをコンセプトに掲げた都市型住宅のプロトタイプとしてデザイン・開発され、多様な敷地・意匠・構造のもとに百数十棟が建設されている。

経歴
1947年 - 大阪に生まれる
1965年 - 山口県立柳井高等学校卒業
1969年 - 東京大学工学部建築学科卒業
1974年 - 東京大学大学院(東京大学生産技術研究所・池辺陽研究室)博士課程修了。同年、石井和絋とLANDIUM開設
1977年 - 一級建築士事務所 界工作舎設立
1996年 - 大阪市立大学建築学科 教授
2003年 - 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻 教授
2010年 - 東京大学名誉教授

著書
『建築的無意識』住まいの図書館出版局、1991年
『戦後モダニズム建築の極北 池辺陽試論』彰国社、1999年
『箱の家に住みたい』王国社、2000年
『箱の構築』TOTO出版、2001年
『箱の家 エコハウスをめざして』NTT出版、2006年
『建築の四層構造 サステイナブル・デザインをめぐる思考』INAX出版、2009年
『新しい住宅の世界』放送大学教育振興会、2013年
『進化する箱 箱の家の20年』TOTO出版、2015年

その他
せんだいデザインリーグ、トウキョウ建築コレクションなど審査委員を歴任。

坂本 一成(さかもと かずなり)

略歴
東京都生まれ
1963年 東京都立立川高等学校卒業。(20歳)
1966年 東京工業大学卒業。(23歳)
1971年 武蔵野美術大学建築学科専任講師。(28歳)
1977年 同大助教授(現准教授)。(34歳)
1983年 東京工業大学助教授(現准教授)。(40歳)
1991年 同大教授。(48歳)
2009年 東京工業大学退官。同大名誉教授。(66歳)

著書
『INAX ALBUM20 構成形式としての建築 コモンシティ星田を巡って』INAX出版、1994年。
『住まい学大系74 対話・建築の思考』共著、住まいの図書館出版局、1996年。
『坂本一成 住宅ー日常の詩学』TOTO出版、2001年。
『建築を思考するディメンション 坂本一成との対話』共著、TOTO出版、2002年。
『坂本一成|住宅』新建築社、2008年。
『建築に内在する言葉』TOTO出版、2011年。

受賞歴
1990年 - 日本建築学会賞作品賞(HOUSE F)(47歳)
1992年 - 村野藤吾賞(コモンシティ星田)(49歳)

その他
同じ高校を卒業し、同じ大学の同じ研究室を卒業した者に、東京造形大学元学長、教授の白澤宏規、紀行作家の稲葉なおとがいる。
広島8大学卒業設計展など審査員を歴任。

篠原一男(しのはら かずお)

静岡県生まれ。1947年東京物理学校卒業後、東北大学で数学を専攻。建築に転向し東京工業大学建築学科で清家清に師事。1953年卒業後、1986年定年退官に至るまで東工大の教壇に立ち、プロフェッサーアキテクトとして、住宅を中心とする前衛的な建築作品を一貫して手がけた。磯崎新と並んでメタボリズム後の日本建築界のリーダーと目され、特に1970年代以降の住宅建築デザインに多大な影響を与えている。坂本一成、白澤宏規、長谷川逸子、葛西潔、葛西秀一郎、高橋寛、高橋晶子、武田光史、西村博司、坂牛卓、安田幸一ら篠原研究室出身者の他、伊東豊雄へも直接的な影響を与えており、彼らは、篠原のカリスマ性や哲学的スタイルから「篠原スクール」「エピステーメー派」などと称された。隈研吾は安藤忠雄への影響も指摘し、安藤が基本的に篠原の「抽象的な空間」の継承者であると述べている。東工大教授の他、イェール大学客員教授、ウィーン工科大学客員教授、神奈川大学特任教授などを歴任。

受賞
1972年 - 日本建築学会賞(「未完の家」以降の一連の住宅)
1989年 - 芸術選奨文部大臣賞
1990年 - 紫綬褒章
1997年 - 毎日芸術賞特別賞
2000年 - 勲三等旭日中綬章
2005年 - 日本建築学会大賞
2010年 - ヴェネツィア・ビエンナーレ特別記念金獅子賞(没後)

著書
『住宅建築』(1964年)
『住宅論』(1970年)
『続住宅論』(1975年)
『篠原一男』(1996年)
『超大数集合都市へ』(2001年)
『篠原一男経由 東京発東京論』(2001年)

村上 徹(むらかみ とおる)

概要
内井昭蔵建築設計事務所出身。独立以来コンクリート打ち放しによる住宅を発表し続け高い評価を得ている。1990年に「中山の家」で「吉岡賞(現新建築賞)」を受賞。1994年には「阿品の家をはじめとする一連の住宅」で日本建築学会賞(作品)を受賞。鉄筋コンクリート、鉄、ガラスによって作られる。コンクリート打放しの自立壁をたて、屋根は鉄骨でふわりとかける。屋根を軽くかけることで、先人たちのコンクリート打放し建築とは一線を画している。それら村上の住宅作品を自身は「現代の民家」と呼ぶ。住宅以外にも庁舎、大学施設、小学校、医療福祉施設などの公共建築も手がける。
教育者としては各コンペティション入賞者を多く輩出するなど教育者として高い評価を得ている。

略歴
愛媛県今治市生まれ
1972年 広島工業大学工学部建築学科卒業。
1972~75年 内井昭蔵建築設計事務所勤務。
1976年 村上徹建築設計事務所設立。(当時27歳)
1984~98年 近畿大学工学部、広島大学工学部、広島工業大学工学部・環境学部非常勤講師を歴任。
1998年 広島工業大学教授就任。(当時49歳)
現在 広島工業大学環境学部教授、広島大学非常勤講師。

受賞歴
1990年 第7回吉岡賞 - 中山の家(当時41歳)
1990年 第2回日本建築家協会JIA新人賞 - 坂町のアトリエ
1994年 日本建築学会賞作品賞 - 阿品の家をはじめとする一連の住宅(当時45歳)
1997年 第47回芸術選奨新人賞(美術部門) - 庵治町役場の設計
1998年 広島ホームテレビ文化・スポーツ賞(文化部門)
1998年 ひろしま街づくりデザイン賞 - 比治山本町のアトリエ
1998年 岡山市まちづくり賞 - 川崎祐宣記念 総合在宅支援センター
2000年 公共建築賞優秀賞 - 庵治町役場(当時51歳)
2001年 第8回しまね景観賞民間建築部門奨励賞 - みずほ楽器社
2004年 ひろしま街づくりデザイン賞大賞 - なぎさ公園小学校
 
主な作品
1978年 - 仁保の家(当時29歳)
1978年 - 地御前の家
1980年 - 鈴ヶ台の家
1980年 - 己斐の家
1982年 - 黒瀬の家
1983年 - 大野の家
1985年 - 田方の家
1986年 - 出汐の家
1986年 - 本郷町の家
1987年 - 出汐の家-2
1988年 - 坂町のアトリエ - 第2回日本建築家協会(JIA)新人賞
1988年 - 中山の家 - 第7回吉岡賞
1988年 - 阿品の家(当時39歳)
1988年 - 四季が丘の家
1988年 - 岡山福富の家
1993年 - ナカガワ・フォト・ギャラリー
1993年 - 堺町の家
1993年 - 阿品の家-2
1994年 - 津山の家(当時45歳)
1996年 - 岡山ノートルダム清心女子大学 中央棟
1996年 - 岡山ノートルダム清心女子大学 附属幼稚園絵本の部屋
1996年 - オフィスD
1996年 - 庵治町役場 - 第47回芸術選奨文部大臣新人賞(美術部門)、公共建築賞優秀賞
1998年 - 今治の家(当時49歳)
1999年 - 比治山本町のアトリエ - ひろしま街づくりデザイン賞
2000年 - 鶴学園八千代校舎 カンパネルラの館
2001年 - 松山重信の家
2002年 - 津山の家2
2002年 - 徳山の家
2003年 - 川尻小学校
2003年 - 学校法人鶴学園 なぎさ公園小学校 - ひろしま街づくりデザイン賞大賞
2008年 - 安佐南区総合福祉センター(当時59歳)
2008年 - 広島なぎさ中学校・高等学校
2010年 - 廿日市の家

北川原 温(きたがわら あつし)

来歴

東京芸術大学建築科在学中に国際設計コンペで1位となり、大学院ではサウジアラビアで都市計画の仕事に携わる。20代から設計活動を始め、これまでに多くの作品が世界に紹介されている。
日本建築学会賞、村野藤吾賞、グッドデザイン賞金賞、アルカシア賞ゴールドメダル、ケネス・F・ブラウン大賞をはじめ国内外の多数の建築賞を受賞。2009年に日本建築大賞を、また2010年には日本芸術院賞を受賞。世界各地から建築展、講演の依頼を受ける。2007年に念願のヨーロッパ事務所をベルリンに開設。
建築以外の分野では、世界的なオランダのモダンバレエ団(ネザーランド・ダンス・シアター、芸術監督イリ・キリアン)の舞台美術を手掛け、パリ・オペラ座やニューヨーク・リンカーンセンターで公演。2008年にリヨン国立歌劇場で再演。
また、東京芸術大学の大学院建築専攻北川原研究室では、科学や音楽、新しい表現芸術などの分野の専門家と協力し、建築・都市・空間に関する様々な研究・創作活動を展開している。
近年では「聴く建築」という音環境の研究が話題に。最近ではJR中央線小淵沢駅舎・駅前広場の設計やミラノ国際博覧会日本館建築プロデューサーに携わる。その他、学会や研究機関の委員、建築賞などの審査委員を務める。

略歴
1951年 長野県千曲市出身
1967年 長野県長野高等学校入学
1970年 長野県飯田高等学校卒業
1974年 東京芸術大学美術学部建築科卒業
1977年 同大学院修士課程修了
1975年~1982年 国内外で設計修業
1982年 株式会社北川原温建築都市研究所設立
2001年 東京芸術大学美術学部建築科助教授
2005年 東京芸術大学美術学部建築科教授
2007年 ベルリンにATSUSHI KITAGAWARA ARCHITECTSを開設

主な作品
1985年 信濃デッサン槐多庵
1986年 ライズ
1986年 美安温閣
1986年 395
1988年 メサ
1988年 クラウディスプーン
1989年 メトロツアー
1989年 メトロサ
1989年 バサラ(セイコーの宝飾店)
1990年 サンテコロ
1991年 メトロトリスタン
1992年 東日本橋交番
1992年 国立昭和記念公園「霧の森」
1993年 宙軒
1994年 池上工業所アネックス
1994年 いわきニュータウンセンター
1997年 サンタリア聖教会
1997年 上田市農村文化交流館
1997年 宣伝会議本社
1998年 福島県産業交流館 ビッグパレットふくしま
1998・1999・2000年 One of a kind(舞台美術、NDT、パリ・オペラ・ガルニエ、NYリンカーンセンターなど世界各地で公演)
1998年 津山市リージョンセンター
1998年 港区立箱根大平台みなと荘
1999年 豊島学院高校 第1期
1999年 宇城市 不知火文化プラザ(不知火美術館)
2001年 木の国サイト情報館
2001年 岐阜県立森林文化アカデミー
2002年 大學眼鏡研究所
2002年 アルスギャラリー
2002年 岐阜県立飛騨牛記念館
2002年 日本ペンクラブ
2003年 豊島学院高校 第2期
2003年 佐世保市新みなとターミナル
2003年 皇居外苑休憩所
2004年 昭和鉄道高等学校
2004年 アリア
2004年 ヴィラ・エステリオ
2005年 海上の森・望楼
2005年 シーボン本社
2006年 ミドリ本社
2007年 長野県稲荷山養護学校
2007年 中村キース・ヘリング美術館
2007年 赤坂フェニックス
2008年 One of a kind(舞台美術、リヨン国立歌劇場)
2009年 ARCA
2009年 早稲田社会教育センター
2010年 道の駅 可児ッテ「CANITTE」
2011年 シミック本社レセプションラウンジ
2011年 シミック 7's cafe

受賞歴
1973年 新建築住宅設計競技 1等
1991年 日本建築家協会JIA新人賞(メトロサ)
1994年 東京建築賞(東日本橋交番)
1995年 グッドデザイン賞金賞(アリア)
1997年 日本建築仕上学会賞作品賞(アリア)
1997年 日本建築学会作品選奨(アリア)
1999年 くまもと景観賞(宇城市不知火図書館・美術館)
2000年 日本建築士会連合会賞作品賞(上田市農村文化交流館)
2000年 ベッシー賞(舞台美術部門)(ニューヨーク・ダンス・アンド・パフォーマンス賞)(NDT)
2000年 日本建築学会賞作品賞(ビッグパレット福島)
2001年 日本図書館協会建築賞(宇城市不知火図書館・美術館)
2002年 日本建築学会作品選奨(宇城市不知火図書館・美術館)
2002年 カナダ・グリーン・デザイン賞(岐阜県立森林文化アカデミー)
2002年 BCS賞(岐阜県立森林文化アカデミー)
2002年 日本建築学会賞技術賞(岐阜県立森林文化アカデミー)
2002年 エコビルド賞(岐阜森林文化アカデミー)
2003年 農林水産大臣賞(木の国サイト)
2003年 アルカシア賞ゴールドメダル(岐阜県立森林文化アカデミー)
2006年 イタリア IA 賞 1 位(海上の森・望楼)(木の国サイト)(飛騨牛記念館)
2006年 公共建築賞特別賞(岐阜森林文化アカデミー)
2007年 ケネス・ブラウン環太平洋建築文化賞大賞(岐阜県立森林文化アカデミー)
2007年 山梨県建築文化賞(中村キースヘリング美術館)
2008年 村野藤吾賞(中村キースヘリング美術館)
2008年 アメリカ建築家協会JAPANデザイン賞(中村キースヘリング美術館)
2009年 豊島・美しい街並みづくり大賞(豊島学院高校)
2009年 日本建築家協会日本建築大賞(中村キースヘリング美術館)
2010年 第66回日本芸術院賞受賞(中村キースヘリング美術館)
2011年 日本建築学会作品選奨(長野県稲荷山養護学校)
2011年 BCS賞(長野県稲荷山養護学校)

手塚由比(てづか ゆい)

概要
特にヴェネツィアヴィエンナーレで大きく紹介された雪に埋もれる自然科学館キョロロや楕円形の屋根で子供が遊ぶふじようちえんは有名。常に手塚貴晴と協働している。
略歴
神奈川県に生まれる。父親も第一工房出身の建築家。
1992年 - 武蔵工業大学(現東京都市大学)卒業(卒業設計賞、学術優秀賞)
1992年 - ロンドン大学バートレット校(ロン・ヘロンに師事)に留学
1994年 - 夫である手塚貴晴と手塚建築企画を共同設立(手塚建築研究所に改称)
1995年 - 東洋大学非常勤講師
2001年 - 東海大学非常勤講師
主な作品
副島病院(佐賀市) - グッドデザイン賞、日本建築学会作品選奨ほか。
川越の音楽マンション(川越市) - グッドデザイン賞、日本商環境設計家協会JCDデザイン賞奨励賞ほか。
屋根の家 - 第18回吉岡賞、JIA新人賞ほか。
ふじようちえん(立川市) - 経済産業大臣賞、グッドデザイン賞ほか。佐藤可士和と協働。
著書
きもちのいい家(清流出版)
手塚貴晴+手塚由比建築カタログ(TOTO出版)

手塚 貴晴(てづか たかはる)

手塚建築研究所共同主宰。東京都市大学教授。日本建築学会賞、吉岡賞、JIA新人賞など多数受賞。

来歴・人物
特にヴェネツィアヴィエンナーレで大きく紹介された雪に埋もれる自然科学館キョロロや楕円形の屋根で子供が遊ぶふじようちえんは有名。
妻は建築家の手塚由比。のこぎり屋根の家は手塚夫妻の自邸である。
略歴
東京都に生まれる。父親も建築家であった。
1987年 - 武蔵工業大学(現東京都市大学)卒業(卒業設計賞、学術優秀賞)
1990年 - ペンシルベニア大学大学院修了(年間最優秀デザイナー賞、シャンク・ウッドマン設計競技第2位)
1990年 - リチャード・ロジャース・パートナーシップ・ロンドン勤務
1994年 - 妻である手塚由比と手塚建築企画を共同設立(手塚建築研究所に改称)
1996年 - 武蔵工業大学専任講師
2003年 - 武蔵工業大学准教授
2009年 - 東京都市大学教授
主な作品
1996年 副島病院(佐賀市) - グッドデザイン賞金賞、日本建築学会作品選奨ほか。
2000年 川越の防音マンション(川越市) - グッドデザイン賞、日本商環境設計家協会JCDデザイン賞奨励賞ほか。
2001年 屋根の家 - 第18回吉岡賞、日本建築学会作品選奨、日本建築家協会JIA新人賞ほか。
2002年 のこぎり屋根の家
2003年 越後妻有森の学校キョロロ - 日本建築学会作品選奨、ヴェネツィア・ビエンナーレ出展ほか。
2003年 縁側の家
2005年 山すその家
2006年 副島病院 増築(佐賀市)
2006年 庇の家
2006年 自分だけの空の家
2007年 回廊の家
2007年 ふじようちえん(協働:佐藤可士和)(立川市) - 経済産業大臣賞、グッドデザイン賞インターラクション特別賞、日本建築家協会賞、日本建築学会賞作品賞、キッズデザイン金賞ほか。
2009年 彫刻の森 ネットの森(箱根町)
2009年 引き出しの家
2009年 傘の家
2010年 船の家
2010年 かたつむりの家
2011年 豪徳寺商店街の階段ハウス
2012年 山を捕まえる家
2012年 あさひ幼稚園 UNICEF東日本大震災復興支援プロジェクト
受賞歴
1995年 SD Review 入選 - 副島病院
1997年 グッドデザイン賞金賞 - 副島病院
1997年 佐賀市都市景観賞 - 副島病院
1997年 佐賀県緑の街角賞 - 副島病院
2000年 東京建築士会住宅建築賞 - 鎌倉山の家
2000年 日本商環境設計家協会JCDデザイン賞奨励賞 - 川越の防音マンション
2000年 川越蔵の会蔵詩句大賞 - 川越の防音マンション
2002年 日本建築家協会JIA新人賞 - 屋根の家
2002年 第18回吉岡賞 - 屋根の家
2004年 エコビルド賞 - 越後妻有森の学校キョロロ
2007年 経済産業大臣賞 キッズデザイン賞金賞 感性創造デザイン賞 - ふじようちえん
2007年 経済産業大臣賞 グッドデザイン賞 インタラクションデザイン賞 - ふじようちえん
2007年 アジアデザイン大賞 - ふじようちえん
2007年 こども環境学会賞 こども環境デザイン賞 - ふじようちえん
2008年 日本建築学会賞作品賞 - ふじようちえん
2009年 日本建築家協会賞 - ふじようちえん
2011年  こども環境学会 デザイン奨励賞 (彫刻の森 ネットの森)
2011年 経済協力開発機構(OECD)効果的学習施設好事例集 最優秀賞 - ふじようちえん
2011年 グッドデザイン賞(オージー技研株式会社東京支店
2013年 こども環境学会 デザイン賞 (あさひ幼稚園)
2013年 日本建築学会作品選奨(Ring Around a Tree)
2013年 グッドデザイン賞金賞(あさひ幼稚園)
2013年 グッドデザイン賞(オージー技研株式会社九州支店)
主な著作
手塚貴晴+手塚由比建築カタログ(TOTO出版)
手塚貴晴+手塚由比建築カタログ2(TOTO出版)
手塚貴晴の手で描くパース(彰国社)
きもちのいい家(清流出版)
Takaharu+Yui Tezuka NOSTALGIC FUTURE ERINNERTE ZUKUNFT(Jovis)(DAMドイツ建築博物館 手塚貴晴+手塚由比展 展覧会カタログ)

高松 伸(たかまつ しん)

京都大学名誉教授。高松伸建築設計事務所主宰。

略歴
島根県仁摩町(現大田市)生まれ
1971年 京都大学工学部建築学科卒業。(23歳)
1980年 同大学院博士課程修了。(32歳)
1980年 高松伸建築設計事務所設立。
1997年 京都大学大学院工学研究科教授。(49歳)
2013年 京都大学大学院工学研究科名誉教授。
受賞歴
1984年 日本建築家協会新人賞(36歳)
1985年 ヴェネツィア・ビエンナーレ入賞(37歳)
1987年 国際インテリアデザイン入賞(39歳)
1989年 日本建築学会賞作品賞(41歳)
その他、多くの受賞がある。
設計手法
彼の作風は1990年頃に大きく変わる。
前期:1980年代 - 1990年頃。時代はポストモダンと呼ばれるデザインが主流となるが、バブル景気と重なり、何でもありの風潮となり、ポストモダンはほとんど定義不可能となった。彼もそうしたポストモダンの建築家の一人と、世間的には認識された。完全な左右対称・硬質で要素過多の造形・機械的な形態・オモチャがそのまま大きくなったようなスケール感の撹乱。こうした形態要素を非日常的に組み立てることによって住宅や中小規模の商業建築を作り、その特殊な形態は市民の耳目を集めた。
後期:1990年頃以降。受注する建物の規模が大きくなるにつれ、彼の設計手法は大きく変わった。前期の手法はすべて葬り去られ、代わりに大きなガラスの箱・時には内部化された外部・特殊なサッシ割りなどがそれに変わる。この変化は、スケールの拡大に対する賢明で柔軟な対応であるという評価もあるが、前期に存在した独特の魅力が失われてしまったという声もある。

代表作品

くにびきメッセ
植田正治写真美術館
国立劇場おきなわ
能勢妙見山 星嶺
なんばヒップス
織陣 (京都市上京区、1981年)(33歳)
西福寺 (岐阜県可児市、1982年)(34歳)
アーク (京都市伏見区、1983年)(35歳)
ファラオ(京都市南区、1984年)(36歳)
キリンプラザ大阪 (大阪市中央区、1987年)日本建築学会賞受賞。2008年に取り壊された。(39歳)
Ining'23 (京都市左京区、1987年)
株式会社 益栄 いちごや本館(東京都調布市國領町、1989年)1997年に取り壊された。
SYNTAX (京都市左京区、1990年)2005年に取り壊された。(42歳)
仁摩サンドミュージアム (島根県大田市、1991年)(43歳)
アーステクチャー サブ・ワン (東京都渋谷区、1991年)
オクタゴン (東京都渋谷区、1992年)(44歳)
島根県立産業交流会館 "くにびきメッセ" (島根県松江市、1993年)
植田正治写真美術館 (鳥取県伯耆町、1995年)芸術選奨文部大臣賞受賞(47歳)
キリン本社ビル(東京都中央区、1995年)
長崎港旅客ターミナル(長崎県長崎市、1995年)
美保関海の学苑ふるさと創生館 メテオプラザ (島根県松江市、1995年)
浜田市世界こども美術館 (島根県浜田市、1996年)(48歳)
みなとさかい交流館 (鳥取県境港市、1997年)(49歳)
能勢妙見山 星嶺 (兵庫県川西市、1998年)(50歳)
東本願寺参拝接待所 (京都市下京区、1998年)(50歳)
ワコール本社ビル (京都市南区、1999年)(51歳)
ブラックパール (台湾台北市、2002年)(54歳)
国立劇場おきなわ (沖縄県浦添市、2003年)(55歳)
天津博物館 (中国天津、2004年)(56歳)
同志社小学校 (京都市、2006年)(58歳)
なんばヒップス (大阪市中央区、2007年)(59歳)
高雄地下鉄美麗島駅 (台湾高雄市、2008年)(60歳)
丸美産業本社社屋(愛知県名古屋市、2008年)
四天王寺学園小学校(大阪府藤井寺市、2009年)(61歳)
同志社国際学院(京都府木津川市、2011年)(63歳)
リケ・プロジェクト (グルジア・トビリシ)
著書
「Works高松伸―The architectual of Shin」(グラフィック社) 1984/04
「僕は、時計職人のように―ことばとスケッチ」(住まいの図書館出版局)1987/06 ISBN 4-7952-0802-6
「陽のかたち」(筑摩書房)1995/03 ISBN 4-480-81374-8
「王国―君臨する光学 戴冠する空間」(青幻舎) 2001/04 ISBN 978-4-916094-45-2
監修「建築と私」(京都大学学術出版会 2001/08 ISBN 978-4-87698-424-4
「夢のまにまに夢をみる」(TOTO出版)2002/03 ISBN 4-88706-205-2
監修「建築と私2」(京都大学学術出版会) 2002/09 ISBN 978-4-87698-448-0
「Design Essence from Sketchbook 建築設計のための教科書」(京都大学学術出版界) 2005/08 ISBN 4-87698-658-4
「もうひとつの家」(インデックス・コミュニケーションズ) 2006/06 ISBN 978-4-7573-0389-8
監修「世界の高層建築まるわかり事典―古代から近未来まで」クリエイティブ・スイート編・構成(PHP研究所) 2008/05 ISBN 978-4-569-68773-5

石上 純也(いしがみ じゅんや)

株)石上純也建築設計事務所主宰。日本建築学会賞、ヴェネツィア・ビエンナーレ金獅子賞など多数受賞。

略歴
1974年 神奈川県生まれ
2000年 東京藝術大学大学院美術研究科建築専攻修士課程修了
2000年 妹島和世建築設計事務所勤務
2004年 石上純也建築設計事務所設立
2009年 東京理科大学 非常勤講師
2010年 東北大学大学院特任 准教授
2014年 ハーバード大学デザイン大学院 客員教員
受賞歴
2005年 SDレビュー2005 SD賞
2005年 キリンアートプロジェクト2005 キリン賞
2008年 Iakov Chernikhov Prize 2008 最優秀賞
2008年 神奈川文化賞未来賞
2009年 contractworld.award 2009 最優秀賞
2009年 Bauwelt Prize 2009 最優秀賞
2009年 2009年日本建築学会賞(作品)
2009年 BCS賞(建築業協会賞 特別賞)
2010年 第12回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 金獅子賞
2010年 2010毎日デザイン賞
2012年 文化庁長官表彰 国際芸術部門
主な作品
2005年 ミラノサローネ「レクサス展の会場構成」
2005年 TABLE
2005年 レストランのためのテーブル
2005年 low chair - 発泡スチロールのいす
2005年 round table
2007年 四角いふうせん
2007年 リトルガーデン
2007年 神奈川工科大学KAIT工房
2008年 yohji yamamoto New York Gansevoort street store
2010年 アーキテクチャー・アズ・エア
 ロシア モスクワ 科学技術博物館 改修工事
 台湾の金門港フェリーターミナル設計コンペに勝利
展覧会
2005年 ミラノサローネ「LEXUS L-finesse」展
2007年 東京都現代美術館 space for your future 展「四角いふうせん」
2007年 箱展「リトルガーデン」
2008年 イタリアの旗 イタリアヴェネチア・ビエンナーレ第11回国際建築展 日本館展示、2008年9月14日~11月23日
2010年 資生堂ギャラリー 石上純也展「建築はどこまで小さく、あるいは、どこまで大きくひろがっていくのだろうか?」
2010年 イタリアの旗 イタリアヴェネチア・ビエンナーレ第12回国際建築展
2010年 豊田市美術館 Another scale of architecture 展
2010年 TOTOギャラリー・間 「Global ENDS」展、12月~2011年2月
2011年 東京都現代美術館 「建築、アートがつくりだす新しい環境-これからの"感じ"」展 「ガラスのシャボン玉」

著書
単著
『table as small architecture』
『plants & architecture』
『ballon & garden』
『Studies for The Scottish National Gallery of Modern Art』
『建築のあたらしい大きさ』
『建築はどこまで小さく、あるいは、どこまで大きくひろがっていくのだろうか?』

古谷 誠章(ふるや のぶあき)

古谷 誠章(ふるや のぶあき、1955年(昭和30年)2月20日 - )は日本の建築家。NASCA共同主宰。早稲田大学創造理工学部教授。日本芸術院賞、日本建築学会賞作品賞、吉岡賞、JIA新人賞など多数受賞。

略歴
1955年 東京都生まれ。
1973年 東京都立青山高等学校卒業。
1978年 早稲田大学理工学部建築学科卒業。
1980年 早稲田大学大学院修了(穂積信夫研究室)。
1983年 早稲田大学理工学部助手。
1986年 近畿大学工学部講師。
1986~1986年 文化庁芸術家在外研修員としてマリオ・ボッタ事務所に在籍。
1990~1994年 近畿大学工学部助教授。
1994年 八木佐千子とスタジオナスカ(現NASCA)共同設立。
1994~1997年 早稲田大学理工学部助教授。
1997年 早稲田大学教授。
2010年 東北大学非常勤講師。

受賞歴
1980年 小野梓記念芸術賞受賞(25歳)
1991年 吉岡賞(現新建築賞) - 狐ヶ城の家(36歳)
1999年 日本建築家協会JIA新人賞(44歳)
2000年 中里村新庁舎プロポーザル案一等
2001年 茅野新市民会館プロポーザル案一等
2007年 日本建築学会賞作品賞 - 茅野市民館(52歳)
2007年 日本建築家協会賞 - 茅野市民館
2011年 日本芸術院賞 - 茅野市民館

主な作品

神流町中里合同庁舎

茅野市民館
1990年 狐ヶ城の家(35歳)
1994年 天草ビジターセンター・天草展望休憩所
1995年 せんだいメディアテークコンペ案(優秀賞)
1996年 香美市立やなせたかし記念館・アンパンマンミュージアム(41歳)
1997年 早稲田大学大久保キャンパス新研究棟 ハイテク・リサーチ・センター(協同設計:鈴木恂)
1998年 やなせたかし記念館・詩とメルヘン絵本館
1998年 早稲田大学會津八一記念博物館改修
1998年 バウムハウス
2000年 ジグハウス/ザグハウス(45歳)
2003年 神流町中里合同庁舎
2004年 神流町立中里中学校体育館
2005年 茅野市民館(50歳)
2007年 谷間の日時計の家
2009年 小布施町立図書館まちとしょテラソ
2009年 高崎市立桜山小学校
2009年 Campus Cafe
2012年 LUPICIA滋賀水口工場

著書
『マリオ・ボッタ|構想と構築』(翻訳、鹿島出版会、1999年)
『エスキスシリーズ4 建築を見る 谷口吉生「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館・図書館」』(彰国社、2001年)
『Shuffled 古谷誠章の建築ノート』(TOTO出版、2002年)ISBN 4-88706-213-3
『がらんどう』(王国社、2009年)
『「マド」の思想ー名住宅を原図で読むー』(彰国社、2010年)

坂 茂(ばん しげる)

坂 茂(ばん しげる、1957年8月5日-)は、日本の建築家。日本建築家協会会員。ニューヨーク州登録建築士。
アメリカで建築を学び、紙管、コンテナなどを利用した建築や災害支援活動で知られる。1996年吉岡賞、1997年JIA新人賞、2009年日本建築学会賞作品賞、2014年には建築分野の国際的な賞であるプリツカー賞を受賞している。

来歴

カトリックたかとり教会仮設集会所「ペーパードームたかとり」(紙の教会)

ノマディック美術館。大量の海上コンテナを積み上げて建設された移動する(ノマディックな)仮設美術館。2005年にニューヨークのハドソン・リバー・パークに建てられ、内部の写真展と共に2006年サンタモニカ、2007年東京に移築された。

ポンピドゥー・センター・メス(坂茂建築設計とJean de Gastines Architectesの共同案、Philip Gumuchdjian Architectsによる設計協力)
東京都出身。会社員の父と服飾デザイナーの母の下に生まれる。成蹊小学校時代からラグビーを始め、高校では花園での全国大会にも出場。成蹊中学校時代に建築家を志す。高校時代には建築雑誌で見たジョン・ヘイダックやヘイダックが教えるニューヨーククーパー・ユニオンに憧れを抱く[6][7]。1976年、成蹊高等学校卒業。クーパー・ユニオンを目指して1977年、19歳で渡米。しばらく英語学校に通い、1978年から2年半、南カリフォルニア建築大学(サイアーク、SCI-Arc)で建築を学び、1980年にクーパー・ユニオンに編入。1982年から1983年の1年間、磯崎新アトリエに在籍したあと、クーパーユニオンに戻って1984年に同建築学部を卒業(建築学士号)。大学卒業後の最初の仕事は、二川幸夫(建築写真家)のアシスタントだった。
マイノリティ、弱者の住宅問題に鋭い関心を寄せ、ルワンダの難民キャンプのためのシェルターを国連難民高等弁務官事務所 (UNHCR) に提案し開発・試作した。
1995年の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)後の紙のログハウス(仮設住宅)や教会の集会所を特殊加工された「紙(紙管)」で制作[12]。トルコ、インドで起きた地震に際しても仮設住宅の建設を行った。2005年に津波災害を受けたスリランカキリンダ村で復興住宅、2008年に大地震の被害に遭った中国四川省の小学校の仮設校舎[3]、2011年の地震で被害を受けたクライストチャーチ大聖堂の仮設教会の建設を提案した。東日本大震災では、体育館などの避難所に避難したものの、ひとつの空間で多くの人々が同居している状態で、プライバシーがまったく無くて苦しんでいるが言いだせない人々のために、紙パイプと布を使いプライバシーを確保する提案(間仕切り)をし、各地の役所職員たちを説得してまわり、また仮設住宅の建設、質の向上にもかかわった。女川町で坂茂が提案した海上輸送用のコンテナを使い家具を作り付けにした2-3階建仮設住宅は快適で、期限が来てもそのまま住み続けたいと希望する人々が多いと報じられた[14][5][15]。
阪神・淡路大震災後に被災地神戸で手がけた「紙の教会」では1995年第41回毎日デザイン賞大賞[16]、第3回関西建築家賞大賞、1997年度JIA新人賞、「家具の家・カーテンウォールの家」で1996年吉岡賞、東日本大震災被災地にて活用された「紙の建築」で平成23年度芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。
グローバルに問題を考えており、建築資材などをあらかじめ確保しておき、どこかの国で大災害が起きた時にそれを供給するしくみ作りも進めている。そうしたことを行うにあたって、ただ慈善や寄付だけに頼るのではなく、通常の経済の循環の中に組み込み継続性を持たせることも進めており、それに関して坂茂が思いついたアイディアは、まず途上国に仮設住宅の工場をつくり、その工場で作られる住宅を、災害の無い時には各国のスラム街の住環境を改善するのに用い、もし災害が起きたらそれを仮設住宅として供給するという方法で、これで、途上国で雇用も作りだしつつ、住環境改善も実現し、災害時には苦しむ人々を救うということもできるというものである。

原 広司(はら ひろし)

原 広司(はら ひろし、1936年9月9日[1] - )は、日本の建築家。東京大学名誉教授。

略歴
神奈川県川崎市生まれ。
1955年 長野県飯田高等学校卒業、東京大学入学
1959年 東京大学工学部建築学科卒業
1961年 RAS設計同人設立
1964年 東京大学大学院数物系研究科建築学専攻博士課程修了(工学博士)
1964年 東洋大学工学部建築学科助教授
1969年 東京大学生産技術研究所助教授
1982年 東京大学生産技術研究所教授
1997年 東京大学を定年退官し東京大学名誉教授の称号を得る
現在は世界中の集落調査を基盤に、原広司+アトリエファイ建築研究所での設計活動を展開している

受賞歴
1983年 ラヴィレット公園(仏)国際設計競技 入選
1986年 LUMEN賞
1986年 日本建築学会賞 作品賞 (田崎美術館)
1988年 村野藤吾賞 (ヤマトインターナショナル)
1988年 サントリー学芸賞 (空間<機能から様相へ>)
1993年 日経BP技術賞 大賞 (梅田スカイビル)
2001年 ブルネル賞建築部門 激励賞 (京都駅ビル)
2003年 日本建築学会作品選奨 (札幌ドーム)
2003年 BCS賞 (札幌ドーム)
2013年 日本建築学会大賞

磯崎 新(いそざき あらた)

磯崎 新(いそざき あらた、1931年(昭和6年)7月23日 - )は日本の建築家。一級建築士、アトリエ建築家。
大分県大分市出身。父は実業家で俳人の磯崎操次。夫人は彫刻家の宮脇愛子。

経歴[編集]
旧制大分中学(現大分県立大分上野丘高等学校)卒業。
1954年 - 東京大学工学部建築学科を卒業。(23歳)
1960年 - 丹下健三研究室で黒川紀章らとともに東京計画1960に関わる。
1961年 - 東京大学数物系大学院建築学博士課程を修了。伊藤ていじ、川上秀光らと八田利也(はったりや)のペンネームを用い「現代建築愚作論」を執筆し、反響を呼ぶ。(30歳)
1963年 - 丹下健三研究室(都市建築設計研究所)を退職し、磯崎新アトリエを設立。(32歳)
1967年 - 大分県立大分図書館竣工。(36歳)初期の代表作で、1997年に改修されアートプラザになった。
1968年 - 株式会社環境計画代表取締役。
1970年 - 大阪万博のお祭り広場(1970年)を丹下と共同で手がけた。
1975年 - 著書『建築の解体』、群馬県立近代美術館、北九州市立美術館など多産な年。
1980年 - 写真家篠山紀信とコンビで「建築行脚」シリーズを刊行( - 1992年)。
1983年 - つくばセンタービル竣工。ポストモダン建築の旗手と目されるようになった。(52歳)
1986年 - 東京都庁舎のコンペに参加(8社指名)。超高層建築の丹下健三案(当選)に対して、シティホールのあり方を問う中層建築の案を提出した。
1991年 - 2000年まで世界各地で開催されたAnyコンファレンスを企画、参加。
1991年 - 2002年まで第一期、二期、三期にわたり『批評空間』誌編集顧問。
1996年 - 織部賞の選考委員長に就任。
1996年, 2000年, 2004年 - ヴェネツィア・ビエンナーレ建築展・日本館コミッショナー。

受賞
1967年 日本建築学会賞作品賞(大分県立大分図書館)(36歳)
1969年 芸術選奨新人賞美術部門(38歳)
1975年 日本建築学会賞作品賞(群馬県立近代美術館)(44歳)
1986年 王立英国建築家協会(RIBA)より、RIBAゴールドメダル受賞(55歳)
1988年 朝日賞受賞
1996年 ヴェネツィア・ビエンナーレ建築展金獅子賞受賞(第6回ヴェネツィア・ビエンナーレ建築展日本館展示「亀裂」)(65歳)

青木 淳(あおき じゅん)

青木 淳(あおき じゅん、1956年(昭和31年)10月22日 - )は、日本の建築家。(株)青木淳建築計画事務所主宰。日本建築学会賞、吉岡賞など受賞。

概要
青木のアトリエは、四年制(所員は四年で独立)という珍しいシステムを採用している。
教育者としては建築家を多く輩出している。

略歴
神奈川県横浜市出身
1975年 神奈川県立小田原高等学校卒業
1980年 東京大学工学部建築学科卒業
1982年 東京大学大学院修士課程修了
1982~91年 (株)磯崎新アトリエ勤務
1991年 (株)青木淳建築計画事務所設立

評価
ポストモダニズムの気質を残しつつ近代の思想を継承する建築家の一人である。 また、彼の思想「白く塗れ」を提唱し、個々の作品ではモノ同士のヒエラルキーを無くすことを意図している。

受賞歴

潟博物館
第13回吉岡賞 (「S」にて、1997年)
日本建築学会賞作品賞 (「潟博物館」にて、1999年)
文化庁芸術選奨新人賞(2005年)

槇 文彦(まき ふみひこ)

東京都出身。母方の祖父は竹中工務店の会長を務めた竹中藤右衛門。1941年(昭和16年)慶應義塾幼稚舎卒業、慶應義塾普通部を経て慶應義塾大学予科を中退し、建築学科のある東京大学工学部建築学科に入り、1952年卒業。丹下健三の研究室で外務省庁舎のコンペを担当した後、アメリカ合衆国に留学し、クランブルク美術学院およびハーバード大学大学院建築修士課程修了。1954年に、スキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリル、翌1955年には、セルト・ジャクソン建築設計事務所に勤務。その後はワシントン大学 (セントルイス)とハーバード大学で都市デザインを講じた。1965年に槇総合計画事務所を設立。1979年 - 1989年に東京大学教授を務めた。
ハーバード大学時代にホセ・ルイ・セルトのスタジオで学んでいたこともある。
ヒルサイドテラスは旧山手通り沿いで数次にかけて実施したプロジェクトであるが、10m軒線を守り、用途地域が変わった第六期では、10m以上の部分をセットバックさせている。

受賞[編集]
1962年 日本建築学会賞作品賞(名古屋大学豊田講堂)(34歳)
1984年 日本建築学会賞作品賞2度目(藤沢市秋葉台文化体育館)(56歳)
1987年 レイノルズ賞
1988年 ウルフ賞芸術部門
1993年 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国プリツカー賞、 UIAゴールドメダル、プリンスオブウェールズ都市デザイン賞(65歳)
1998年 村野藤吾賞(風の丘葬斎場)
1999年 高松宮殿下記念世界文化賞(71歳)
2001年 日本建築学会賞大賞(73歳)
2011年 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国AIAゴールドメダル(83歳)
2013年 日本芸術院賞・恩賜賞、文化功労者(85歳)

鈴木 了二(すずき りょうじ)

略歴

東京都生まれ
1968年 - 早稲田大学理工学部建築学科卒業。
1968年 - 竹中工務店設計部。
1970年 - fromnow設立。
1970年 - 1972年 - 竹中工務店から槇総合計画事務所に出向。
1977年 - 早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了。
1982年 - fromnowから鈴木了二建築計画事務所に改称。
1997年 - 早稲田大学教授。
2004年 - 早稲田大学芸術学校校長。

主要作品

建築
杉並の住宅(物質試行13、1985年)
東久留米の住宅(物質試行17、1986牛)
絶対現場
麻布EDGE(物質試行20、1987年)
A商店ビル(物質試行22、1987年)
本駒込の住宅(物質試行25、1989年)
小金井の住宅(物質試行26、1989年)
フォリール花と緑の博覧会'90(物質試行31、1990年)
成城山耕雲寺(物質試行33、1991年)
佐木島プロジェクト(物質試行37、1998年) - 日本建築学会賞作品賞受賞
金刀比羅宮プロジェクト(物質試行47、2004年) - 第18回村野藤吾賞(2005年)、日本芸術院賞(2007年度)受賞

計画
大津町第二庁舎・町民交流施設(くまもとアートポリス、1991年設計完了)

設計競技
パリ日仏文化会館建築設計競技 - 2席入賞(1990年)
横浜港大さん橋国際客船ターミナル建築設計競技 - 優秀賞(1992年)

古谷 誠章(ふるや のぶあき)

古谷 誠章(ふるや のぶあき、1955年(昭和30年)2月20日 - )は日本の建築家。NASCA共同主宰。早稲田大学創造理工学部教授。日本芸術院賞、日本建築学会賞作品賞、吉岡賞、JIA新人賞など多数受賞。

略歴
1955年 東京都生まれ。
1973年 東京都立青山高等学校卒業。
1978年 早稲田大学理工学部建築学科卒業。
1980年 早稲田大学大学院修了(穂積信夫研究室)。
1983年 早稲田大学理工学部助手。
1986年 近畿大学工学部講師。
1986~1986年 文化庁芸術家在外研修員としてマリオ・ボッタ事務所に在籍。
1990~1994年 近畿大学工学部助教授。
1994年 八木佐千子とスタジオナスカ(現NASCA)共同設立。
1994~1997年 早稲田大学理工学部助教授。
1997年 早稲田大学教授。
2010年 東北大学非常勤講師。

受賞歴
1980年 小野梓記念芸術賞受賞(25歳)
1991年 吉岡賞(現新建築賞) - 狐ヶ城の家(36歳)
1999年 日本建築家協会JIA新人賞(44歳)
2000年 中里村新庁舎プロポーザル案一等
2001年 茅野新市民会館プロポーザル案一等
2007年 日本建築学会賞作品賞 - 茅野市民館(52歳)
2007年 日本建築家協会賞 - 茅野市民館
2011年 日本芸術院賞 - 茅野市民館

主な作品
1990年 狐ヶ城の家(35歳)
1994年 天草ビジターセンター・天草展望休憩所
1995年 せんだいメディアテークコンペ案(優秀賞)
1996年 香美市立やなせたかし記念館・アンパンマンミュージアム(41歳)
1997年 早稲田大学大久保キャンパス新研究棟 ハイテク・リサーチ・センター(協同設計:鈴木恂)
1998年 やなせたかし記念館・詩とメルヘン絵本館
1998年 早稲田大学會津八一記念博物館改修
1998年 バウムハウス
2000年 ジグハウス/ザグハウス(45歳)
2003年 神流町中里合同庁舎
2004年 神流町立中里中学校体育館
2005年 茅野市民館(50歳)
2007年 谷間の日時計の家
2009年 小布施町立図書館まちとしょテラソ
2009年 高崎市立桜山小学校
2009年 Campus Cafe
2012年 LUPICIA滋賀水口工場

著書
『マリオ・ボッタ|構想と構築』(翻訳、鹿島出版会、1999年)
『エスキスシリーズ4 建築を見る 谷口吉生「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館・図書館」』(彰国社、2001年)
『Shuffled 古谷誠章の建築ノート』(TOTO出版、2002年)ISBN 4-88706-213-3
『がらんどう』(王国社、2009年)
『「マド」の思想ー名住宅を原図で読むー』(彰国社、2010年)

その他
学生時代から建築デザイン分野で受賞歴がある。
トウキョウ建築コレクション2007、同2008、同2009審査委員、TEPCOインターカレッジデザイン選手権審査委員。
古谷誠章の娘は古谷が設計した茅野市民館で結婚式を挙げた。

谷口 吉生(たにぐち よしお)

谷口 吉生(たにぐち よしお、1937年10月17日 - )は日本の建築家。一級建築士、日本芸術院会員。東京藝術大学客員教授。日本建築学会賞作品賞2度、吉田五十八賞、高松宮殿下記念世界文化賞など多数受賞。

略歴
東京都出身。父はモダニズムの建築家、谷口吉郎
1960年 慶應義塾大学工学部機械工学科卒業
1964年 ハーバード大学建築学科大学院修了、ボストンの建築設計事務所で勤務
1965年-1974年 東京大学都市工学科丹下健三研究室および丹下健三都市・建築研究所
1975年 計画・設計工房を設立
1979年 谷口吉郎建築設計研究所所長
1983年 谷口建築設計研究所所長
2005年 第17回 高松宮殿下記念世界文化賞建築部門受賞
2008年 日本芸術院会員

受賞歴
1984年 日本建築学会賞 (資生堂アートハウス)
1984年 吉田五十八賞 (土門拳記念館)
1987年 日本芸術院賞 (土門拳記念館)
1987年 毎日芸術賞 (東京都葛西臨海水族園)
1994年 村野藤吾賞 (丸亀市猪熊弦一郎現代美術館・丸亀市立図書館)
1996年 アメリカ建築家協会名誉会員
2001年 日本建築学会賞 (東京国立博物館法隆寺宝物館)
2005年 高松宮殿下記念世界文化賞建築部門
2008年 日本芸術院会員
2011年 旭日中綬章

主な作品
1975年 雪ケ谷の住宅 共同設計:高宮眞介
1976年 福井相互銀行成和支店 共同設計:高宮眞介
1978年 金沢市立玉川図書館 共同設計:谷口吉郎
1978年 資生堂アートハウス 共同設計:高宮眞介
1979年 北塩原村役場・コミュニティセンター 共同設計:高宮眞介
1983年 秋田市立中央図書館明徳館
1983年 清春白樺美術館
1983年 土門拳記念館
1985年 ホテル安比グランド
1986年 ジョルジュ・ルオー記念館
1987年 慶應義塾幼稚舎新体育館
1989年 東京都葛西臨海水族園
1990年 長野県信濃美術館・東山魁夷館
1991年 酒田市国体記念体育館
1991年 日本IBM幕張テクニカルセンター
1991年 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館・丸亀市立図書館
1992年 慶應義塾湘南藤沢中等部・高等部
1993年 葛西臨海公園水上バス待合所
1995年 豊田市美術館
1995年 葛西臨海公園展望広場レストハウス
1996年 つくばカピオ
1997年 浜松市茶屋 松韻亭
1999年 東京国立博物館法隆寺宝物館
2002年 慶應義塾幼稚舎 新館21
2004年 広島市環境局中工場
2004年 香川県立東山魁夷せとうち美術館
2004年 ニューヨーク近代美術館新館
2005年 東京倶楽部
2007年 京都国立博物館南門
2009年 フォーラムビルディング
2010年 ノバルティス研究所
2011年 鈴木大拙館
2012年 アジア協会テキサスセンター
2012年 加賀片山津温泉 街湯

進行中
京都国立博物館平常展示館(2014年完成予定)

思想
ニューヨーク近代美術館を除き、これまでほとんどコンペ(建築設計競技)には応募しておらず、また日本国外での作例もない。
一般マスコミにも登場する安藤忠雄などとは異なり、専門メディアでも自作品解説など以外は登場回数が少なく、まさに「作品主義」の建築家である。
純粋なモダニズム建築の作り手といえる。
妻は谷口久美。
かがわさぬき野2009年夏号掲載

作品集
季刊ja 谷口吉生(新建築社)
谷口吉生「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館・図書館」(彰国社エスキスシリーズ、古谷誠章編著)
谷口吉生建築作品集(淡交社)
谷口吉生のミュージアム

内藤廣(ないとう ひろし)

内藤 廣(ないとう ひろし、1950年(昭和25年) - )は、日本の建築家。(株)内藤廣建築設計事務所代表。東京大学名誉教授。

来歴・人物
代表作である海の博物館(三重県・1992年竣工)で日本建築学会賞、第18回吉田五十八賞、芸術選奨新人賞美術部門などを受賞し高い評価を得る。
教育者としては個人事務所設立後、早稲田大学や東京大学で非常勤講師を歴任。
土木、建築、都市計画、造園、インダストリアルデザインなどの都市景観に関連した異なる職域によるデザイン・コラボレーションを提唱し、2003年には織部賞を受賞。2005年に「GSデザイン会議」(GSはグラウンドスケープの略)を篠原修らと発足、同代表。

略歴
神奈川県横浜市生まれ
1976年 早稲田大学大学院理工学研究科建設工学専攻(吉阪隆正に師事)修了。
1976年 フェルナンド・イゲーラス建築設計事務所勤務(スペイン)。
1979年~1981年 菊竹清訓建築設計事務所勤務。
1981年 (株)内藤廣建築設計事務所設立。

教職
2001年 東京大学工学部土木工学科(現・社会基盤学科)助教授。
2003年 東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻教授。
2011年 東京大学退官、東京大学名誉教授。

主な作品
1984年 ギャラリーTOM(東京都)(34歳)
1984年 住居No.1共生住居
1986年 M氏の住居
1987年 住居No.6 静棲住居
1987年 住居No.7 生棲住居
1990年 住居No.8 稜線の家
1991年 住居No.9 唐松林の家
1991年 住居No.10 杉林の家
1992年 海の博物館(三重県)(42歳)
1992年 住居No.11 イズ・プレタポルテ
1993年 住居No.12
1994年 住居No.14 筑波・黒の家
1994年 住居No.15 杉並・黒の部屋
1995年 住居No.17 桂坂・黒の家
1996年 住居No.18 伊東・織りの家
1996年 住居No.19 金沢の家
1997年 安曇野ちひろ美術館(長野県)(47歳)
1997年 うしぶか海彩館(熊本県)
1997年 茨城県天心記念五浦美術館(茨城県)
1997年 ギャラリーNIKI
1997年 住居No.20 極楽寺の家
1997年 住居No.21 千歳烏山の家
1998年 古河総合公園管理棟(茨城県)(48歳)
1998年 リストランテ・マッカリーナ(北海道)
1999年 国立台湾史文化博物館 卑南文化公園 遊客服務中心施設(台湾)
1999年 十日町情報館(新潟県)(49歳)
1999年 牧野富太郎記念館(高知県)
2000年 住居No.22
2001年 倫理研究所富士高原研修所(静岡県)(51歳)
2001年 最上川ふるさと総合公園センターハウス(山形県)
2002年 フォレスト益子(栃木県)(52歳)
2002年 ちひろ美術館・東京(東京都)
2002年 九谷焼窯跡展示館(石川県)
2002年 住居No.23
2003年 苫田ダム管理庁舎(岡山県)
2004年 みなとみらい線馬車道駅(神奈川県)(54歳)
2004年 倫理研究所船橋社宅(千葉県)
2005年 島根県芸術文化センター(島根県)(55歳)
2005年 リバーリトリート雅樂倶ANNEX(富山県)
2006年 二期倶楽部 七石舞台【かがみ】
2006年 とらや御殿場店(静岡県)(56歳)
2006年 住居No.29
2007年 とらや東京ミッドタウン店(東京都)(57歳)
2007年 とらや工房(静岡県)
2008年 日向市駅と駅前広場(宮崎県)(58歳)
2008年 住居No.34
2009年 高知駅(高知県)(59歳)
2009年 平岡篤頼文庫(長野県)
2009年 とらや京都店(京都府)
2009年 とらや一条店(京都府)
2010年 和光大学E棟(東京都)(60歳)
2010年 城東地区複合施設(三重県)
2010年 宮田眼科
2011年 旭川駅(北海道)

主要著書
『素形の建築』(INAX出版、1995年)ISBN 487275056X
『建築のはじまりに向かって』(王国社、1999年)ISBN 4900456667
『グラウンドスケープ宣言―土木・建築・都市 デザインの戦場へ』編著(丸善、2004年)ISBN 4621074156
『建築的思考のゆくえ』(王国社、2004年)ISBN 4860730232
『建土築木 1 構築物の風景』(鹿島出版会、2006年)ISBN 4306044777
『建土築木 2 川のある風景』(鹿島出版会、2006年)ISBN 4306044785
『内藤廣対談集―複眼思考の建築論』(INAX出版、2007年)ISBN 4872751426
『構造デザイン講義』(王国社、2008年)
『建築のちから』(王国社、2009年)

妹島和世(せじま かずよ)

妹島 和世(せじま かずよ、1956年 - )は、日本の建築家(一級建築士)。日本女子大学客員教授、多摩美術大学客員教授。プリツカー賞、日本建築学会賞、吉岡賞他多数受賞。

略歴
1956年 - 茨城県日立市に生まれ育つ。
1974年 - 茨城県立水戸第一高等学校を卒業。
1979年 - 日本女子大学家政学部住居学科卒業。
1981年 - 日本女子大学大学院修了。同年、伊東豊雄建築設計事務所に入所する。在籍時には東京遊牧少女の包、神田Mビルなどを担当する。
1987年 - 妹島和世建築設計事務所を設立し、独立する。
1989年 - 第6回吉岡賞受賞。
1995年 - SANAAを西沢立衛と共に設立する。
1998年 - 日本建築学会賞受賞。
2005年 - ショック賞(視覚芸術部門)受賞。
2006年 - 日本建築学会賞2度目受賞。芸術選奨文部科学大臣賞受賞。
2010年 - 女性として2人目のプリツカー賞受賞。

現在、日本女子大学客員教授、多摩美術大学客員教授、金沢美術工芸大学客員教授を務める。

作品
※妹島建築事務所名義での作品に限る。SANAA名義及び西沢立衛建築事務所との共作はSANAAに掲載。

建築
1988年 PLATFORM I (千葉県勝浦市)
1990年 PLATFORM II (山梨県北巨摩郡)
1991年 再春館製薬女子寮 (熊本県熊本市)
1991年 カステルバジャック・スポーツ・ショップ (現存しない)
1992年 N-HOUSE (熊本県熊本市)
1993年 パチンコパーラー I (茨城県日立市)
1993年 パチンコパーラー II (茨城県那珂町)
1994年 森の別荘 (長野県茅野市)
1994年 Y-HOUSE (千葉県勝浦市)
1994年 調布駅北口交番 (東京都調布市 / 現存しない)
1996年 パチンコパーラー III (茨城県常陸太田市)
1996年 S-HOUSE (岡山県岡山市)
1997年 M-HOUSE (東京都渋谷区)
1998年 岐阜県営住宅ハイタウン北方 I期 (岐阜県本巣郡北方町)
1998年 ひたち野リフレ ひたち野うしく駅駅前利便施設 (茨城県牛久市)
1999年 オペーク・ギンザ (外装デザイン / 東京都中央区)
2000年 岐阜県営住宅ハイタウン北方+II期 (岐阜県本巣郡北方町)
2000年 saito (東京都渋谷区)
2000年 小さな家 (東京都)
2000年 江山閣 (茨城県水戸市)
2000年 hhstyle.com (東京都渋谷区)
2001年 オペーク・ナゴヤ (外装デザイン / 名古屋市中区)
2001年 朝日新聞山形ビル (山形県山形市)
2003年 梅林の家 (東京都)
2003年 下御門ビル (奈良県奈良市)
2005年 鬼石多目的ホール (群馬県藤岡市)
2006年 有元歯科医院 (岡山県)
2008年 ガーデンコート成城 United Cubes (東京都世田谷区)
2008年 大倉山集合住宅 (横浜市港北区)
2010年 葉山の小屋 (神奈川県三浦郡葉山町)
2010年 逢妻交流館 (愛知県豊田市)
2010年 犬島「家プロジェクト」 (岡山市東区)
2011年 SHIBAURA HOUSE (東京都港区)
2011年 東日本旅客鉄道日立駅 (茨城県日立市)
2012年 土橋邸 (東京都)
プロダクトデザイン
MARUMARU (driade社から発売のスツールチェア)
HANAHANA (driade社から発売のフラワースタンド)
Flower / 椅子 / 2001
Drop / 椅子 / 2004

山本理顕(やまもと りけん、本名は"みちあき")

山本 理顕(やまもと りけん、本名は"みちあき"、1945年(昭和20年) - )は日本の建築家。工学院大学教授、横浜国立大学大学院教授を経て、2011年より日本大学大学院特任教授

略歴
中国・北京生まれ。
1967年 日本大学理工学部建築学科卒業。
1971年 東京藝術大学大学院美術研究科建築専攻修了(26歳)。
その後、東京大学生産技術研究所原広司研究室(研究生)。
1973年 山本理顕設計工場設立(28歳)。
2000~11年 横浜国立大学大学院Y-GSA教授。
2011年 横浜国立大学大学院客員教授、日本大学大学院特任教授。

受賞歴
日本建築学会賞はじめ多数受賞作品を持つ。

主な作品
1977年 山川山荘(32歳)
1986年 GAZEBO(41歳)
1987年 ROTUNDA(42歳)
1988年 HAMLET(43歳)
1991年 熊本県営保田窪第一団地(46歳)
1992〜94年 緑園都市計画
1996年 岩出山中学校(51歳)
1997年 横浜市下和泉地区センター・下和泉地域ケアプラザ
1999年 埼玉県立大学(54歳) 
2000年 公立はこだて未来大学
2000年 広島市西消防署(55歳)
2000年 横浜市営住宅三ツ境ハイツ
2001年 東京ウェルズテクニカルセンター
2002年 Dクリニック
2003年 東雲キャナルコートCODAN1街区
2003年 北京建外SOHO(58歳)
2004年 アルミ住宅プロジェクト
2005年 公立はこだて未来大学研究棟
2007年 横須賀美術館(62歳)
2008年 ドラゴン・リリーさんの家
2008年 福生市庁舎
2008年 ナミックス・テクノコア

鈴木エドワード(すずき えどわーど)

(経歴)
1947年 埼玉県生まれ
1966-71年 ノートルダム大学建築学士
1973-75年 ハーヴァード大学院アーバンデザイン建築学修士
1974年 フラー&サダオ事務所、イサム・ノグチ・ファウンテン&プラザ勤務
1975-76年 丹下健三・都市・建築設計事務所勤務
1976年 鈴木エドワード建築設計事務所設立
1988年 建築士会住宅賞
1993年 国際デザインコンペティション奨励賞、通産省グッドデザイン賞受賞

(主な作品)
1990年 ジュールA
1992年 ムパタ・ロッジ
1993年 JR東日本・赤湯駅舎

齋藤裕 (さいとう ゆたか)

(経歴)
1947年 小樽市生まれ、独学え建築を学ぶ
1970年 齋藤裕建築研究所設立
1988年 日本建築家協会新人賞
1992年 吉田五十八章受賞
1993年 原弘賞受賞
1998年 日本建築学会・北海道建築賞を受賞
2000年 日本建築学会・学会賞、作品選奨を受賞

(主な作品)
1980年 るるる阿房
1986年 練馬の家
1986年 屋久島の家
1987年 葉山の家
1988年 ちめんかのや
1987年 タスコ・ジャパン
1990年 好日居
1991年 好日山荘
1992年 鎌倉山の家
1993年 ぱん来庵
1994年 伊賀町の家
1995年 百日紅居
1996年 曼月居
1997年 舜居

(著書)
Strong、ルイス・バラガンの建築、現代建築家シリーズ、フェリックス・キャンデラの世界、建築の詩人カルロ・スカルパ、齋藤裕の建築、建築のエッセンス、カーサ・バラガン、ルイス・カーンの全住宅


黒川雅之 (くろかわ まさゆき)

黒川雅之建築設計事務所
〒106-0031 東京都港区西麻布 3-13-15 パロマプラザ
TEL : 03-3746-3601
http://www.k-system.net/

(経歴)
1937年 名古屋市生まれ
1961年 名古屋工業大学建築学科卒業。
1963年 早稲田大学大学院理工学研究科建築工学修士。
1967年 同大学博士課程修了。黒川雅之建築設計事務所設立
2001年 株式会社デザイントープ設立

(主な作品)
1979年 「ゴムシリーズ」ニューヨーク近代美術館永久コレクション(MoMA)
1985年 毎日デザイン賞受賞
1987年 ヴィラヴィスタ箱根
1988年 腕時計「ラバト」などがメトロポリタンミュージアム永久コレクション
1993年 ユニ東武ゴルフクラブ
1995年 千葉野外劇場、美和ロック玉城工場

(著書)
ARCHIGRAPH 黒川雅之×稲越功一、黒川雅之のプロダクトデザイン、反対称の物学、デザインの未来考古学、デザイン曼荼羅、デザインの修辞法、八つの日本の美意識

栗生明 (くりゅう あきら)

栗生明+株式会社栗生総合計画事務所
〒113-0034 東京都文京区湯島1丁目2-12
TEL : 03-3256-8891
http://kuryu.com/

(経歴)
1947年 千葉県生まれ
1971年 早稲田大学理工学部建築学科卒業
1973年 早稲田大学大学院修士課程修了 、(株)槇総合計画事務所勤務
1979年 (株)都市建築設計事務所 Kアトリエ設立 、東京大学建築学科助手(槇文彦研究室)
1987年 (株)栗生総合計画事務所と改称
1992年 千葉大学工学部建築学科助教授
1996年 (株)栗生総合計画事務所 主宰 、千葉大学工学部建築学科教授 、 東京大学建築学科非常勤講師 、 早稲田大学建築学科非常勤講師 ほか
1998年 千葉大学工学部デザイン工学科建築系教授
2007年 千葉大学大学院工学研究科教授

(主な作品)
1988年 カーニバル・ショーケース(JIA新人賞)
1994年 植村直己冒険館(日本建築学会賞)
1996年 コアやまくに(公共建築賞特別賞)
2001年 桐蔭学園メモリアルアカデミウム、平等院宝物館(日本芸術院賞、BCS賞)、国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館(BCS賞)

(著書)
環境健康都市宣言!!―キャンパスからのまちづくり

隈研吾 (くま けんご)

Kengo Kuma & Associates
〒107-0062 東京都港区南青山 2-24-8 BY-CUBE 2F
TEL : 03-3401-7673
http://www.kkaa.co.jp/

(経歴)
1954年 横浜生まれ
1979年 東京大学建築学科大学院修了
1985-1986年 コロンビア大学建築・都市計画学科客員研究員
1987年 空間研究所設立
1990年 隈研吾建築都市設計事務所主宰
1994年- コロンビア大学建築・都市計画学科客員研究員
1998-1999年 慶應義塾大学環境情報学部特別招聘教授
2001年 慶應義塾大学理工学部教授

(主な作品)
1992年 M2
1994年 檮原町雲の上のホテル
1994年 JCDデザイン賞`95文化・公共施設部門最優秀賞「亀老山展望台」
1995年 水/ガラス
2000年 - 林野庁長官賞村野藤吾賞、建築業協会賞「馬頭町広重美術館」、 栃木県マロニエ建築賞「石の美術館」
2005年 - マーブルアーキテクチャーアワード2005 「長崎県美術館」、 COCON 烏丸、THE SCAPE、 LOTUS HOUSE

(著書)
新・都市論TOKYO、負ける建築、 隈研吾読本〈2(2004)〉 、 10宅論―10種類の日本人が住む10種類の住宅 、 新・建築入門―思想と歴史 、反オブジェクト―建築を溶かし、砕く、 隈研吾読本、隈研吾:レクチャー/ダイアローグ1999―Digitag 、 素材の実験 (くうねるところにすむところ―子どもたちに伝えたい家の本) 、 隈研吾/マテリアル・ストラクチュアのディテール、 建築的欲望の終焉 、 グッドバイ・ポストモダン―11人のアメリカ建築家 、 建築の危機を超えて

北山恒 (きたやま こう)

有限会社 architecture WORKSHOP
〒106-0046 東京都港区元麻布2-14-21-BF
TEL : 03-5449-8337
http://www.archws.com/

(経歴)
1950年 香川県生まれ
1969年 東京都立戸山高校卒業
1976年 横浜国立大学建築学科卒業
1978年 ワ-クショップ設立(共同主宰)
1980年 横浜国立大学大学院修士課程修了
1987年 横浜国立大学専任講師
1995年 横浜国立大学助教授
1995年 architecture WORKSHOP 設立主宰
2001年~ 横浜国立大学大学院Y-GSA教授

(主な作品)
1996年 「HOUSE IN HOUSE」東京建築士会住宅建築賞
1997年 「白石市立白石第二小学校」で建築学会東北建築賞作品賞など
2002年 グッドデザイン賞 「六本木一丁目駅出入口No.3」
2003年 グッドデザイン賞 「公立刈田綜合病院」
2005年 グッドデザイン賞 「船橋のミニ戸建て開発」、「集合住宅20K」

(著書)
建築の終わり―70年代に建築を始めた3人の建築談義 、 ON THE SITUATION―KOH KITAYAMA1993/95‐2002 北山恒の建築

岸和郎 (きし わろう)

ケイ・アソシエイツ
〒604-8115 京都市中京区蛸薬師高倉東入ル雁金町366 ユタカビル4F
TEL : 075-213-0258
http://k-associates.com/

(経歴)
1950年 横浜市生まれ
1973年 京都大学工学部電気工学科卒業
1975年 京都大学工学部建築学科卒業
1978年 京都大学大学院修士課程建築学専攻修了
1978-1981年 黒川雅之建築設計事務所勤務
1981年  岸和郎建築設計事務所を設立
1981-1993年 京都芸術短期大学助教授
1993年 岸和郎建築設計事務所をK.ASSOCIATES/Architectsに改組改称、日本建築家協会新人賞受賞
1995年 ケネス・F・ブラウンアジア太平洋デザイン賞功労賞受賞
2003年 カリフォルニア大学バークレー校客員教授
2004年 マサチューセッツ工科大学客員教授

(主な作品)
1992年 日本橋の家
1993年 園部 SD Office
1994年 下鴨の家
1995年 紫野和久傳
1997年 山口大学医学部創立50周年記念会館
2004年 ルナ ディ ミエーレ 表参道ビル

(著書)
都市と建築のタイポロジー、建築とポップ・カルチュア、ケース・スタディ・ハウス、WARO KISHI PROJECTed Realities、建築を旅する、建築の終わり、逡巡する思考

大江匡 (おおえ ただす)

株式会社プランテック総合計画事務所
〒102-8008 東京都千代田区紀尾井町3-23文藝春秋ビル本館8F
TEL : 03-3237-6857 
http://www.plantec.co.jp/index2.html

(経歴)
1955年 大阪生まれ
1977年 東京大学工学部建築学科卒
1977年~1984年 菊竹清訓建築設計事務所 入所
1985年 株式会社プランテック総合計画事務所 設立
1987年 東京大学大学院工学建築研究科修了
1994年 新日本建築家協会新人賞受賞
1999年 建築業協会賞
2002年 JID賞
2005年 株式会社プランテックアソシエイツ 代表取締役就任

(主な作品)
1986年 恵庵
1988年 HKTビル
1994年 ファンハウス
1999年 細見美術館
2001年 岐阜ドリームコア、横浜の茶室
2002年 池袋ロイヤルクリニック

(著書)
大江匡のデジタル・スタジオ、Tadasu Ohe/Plantec Architects、デジタル現場 建築CALS構築法、Liquid Space、Liquid Space 2005

入江経一 (いりえ けいいち)

Power Unit Studio
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町 12-1代官山コーポラス #2107
TEL : 03-3461-9827
http://www.pus.jp/

(経歴)
1950年  東京都生まれ
1974年  東京芸術大学建築科修了
1976年  東京芸術大学大学院建築科修了
1976年~80年 東京工業大学工学部篠原研究室
1980年 入江建築設計事務所設立
1987年  株式会社パワーユニットスタジオに改称
1997年~  岐阜県立国際情報アカデミー講師
1991年 東京建築士会住宅建築賞特別賞(モノル)受賞
1993年  * Architecture of the year * 受賞
1996年  吉岡賞 受賞
1998年~  多摩美術大学情報デザイン学科教授

(主な作品)
1991年 モノル
1992年 Bean House
1993年 石打ダム資料館

 

伊東豊雄 (いとう とよお)

㈱伊東豊雄建築設計事務所
〒150-0002  東京都渋谷区渋谷1-19-4
TEL : 03 - 3409 - 5822

(経歴)
1941年 京城生まれ
1965年 東京大学工学部卒
1965年~1969年 菊竹清訓建築設計事務所勤務
1971年 アーバンロボット設立
1979年 伊東豊雄建築設計事務所に改称
1984年 日本建築家協会新人賞受賞
1986年 日本建築学会賞(シルバーハット)受賞
1990年 村野藤吾賞(サッポロビール北海道ゲストハウス)受賞
1991年 毎日芸術賞(八代市立博物館)受賞
1997年 BCS賞
1999年 日本芸術選奨文部大臣賞
1999年 日本芸術院賞、BCS賞
2000年 国際建築アカデミー・アカデミシアン賞、アメリカ芸術文化アカデミー・アーノルド・ブルーナ賞
2001年 グッドデザイン大賞
2002年 ヴェネツィア・ビエンナーレ「金獅子賞」、BCS賞
2003年 日本建築学会作品賞

(主な作品)
1976年 中野本町の家
1986年 シルバーハット
1986年 サッポロビール北海道工場ゲストハウス
1991年 八代市立博物館
1992年 ホテルP
1993年 松山ITM本社ビル、下諏訪町立諏訪湖博物館
1994年 養護老人ホーム八代市立保寿寮
1995年 八代広域消防本部庁舎
1996年 長岡リリックホール
1997年 横浜市立東永谷地区センター・地域ケアプラザ、大館樹海ドーム
1998年 大田区休養村とうぶ 、野津原町役場
1999年 大社文化プレイス
2000年 ハノーバー万博2000テーマパーク・ヘルスフューチュア館
2001年 せんだいメディアテーク、大分アグリカルチャーパーク
2002年 ブルージュ2002 パビリオン、 サーペンタイン・ギャラリー・パビリオン2002

(著書)
風の変様体、シミュレイテド・シティの建築、透層する建築、マニエリスムと近代建築

東京都渋谷区:建築家

石山修武 (いしやま おさむ)

早稲田大学理工学部建築学科 石山修武研究室
〒169-8555 東京都新宿区大久保 3-4-1 早稲田大学理工学部 55 号館 N 棟 8 階
TEL: 03-3209-2278
http://ishiyama.arch.waseda.ac.jp/www/home.html

(経歴)
1944年 岡山県生まれ
1966年 早稲田大学理工学部建築学科卒業
1968年 ダムダン空間工作所設立
1988年 早稲田大学理工学部教授
1985年 吉田五十八賞(伊豆の長八美術館)
1995年 日本建築学会賞(リアス・アーク美術館
1996年 「ヴェネチア・ビエンナーレ建築展」金獅子賞、
1998年 日本文化デザイン賞
1999年 織部賞
2001年 芸術選奨文部科学大臣賞受賞

(主な作品)
1975年 幻庵
1997年 伊豆の長八美術館
1994年 リアスアーク美術館

(著書)
バラック浄土、職人共和国だより、笑う住宅、現代の職人、世界一のまちづくりだ、住宅道楽、夢のまたゆめハウス、石山修武 考える、動く、建築が変わる―ひろしま、生活、家、コミュニケーション、建築はおもしろい、 建築家、突如雑貨商となり至極満足に生きる、 石山修武の設計ノート 、 「秋葉原」感覚で住宅を考える、住宅病はなおらない


東京都新宿区:建築家


石井和紘 (いしい かずひろ)

(株)石井和紘建築研究所
〒107-0052 東京都港区赤坂4-14-27
TEL 03-3505-0765
http://www.ishiiarc.com/

(経歴)
1944年 東京都生まれ
1967年 東京大学工学部建築学科卒業
1969年 東京大学大学院修士課程終了
1975年 東京大学大学院博士課程修了、 イェール大学建築学部修士課程修了
1976年 有限会社石井和紘建築研究所設立
1990年 日本建築学会賞(数奇屋巴)受賞

(主な作品)
1982年 直島町役場
1983年 田辺エージェンシー
1988年 サンリオファンタージェン
1994年 くにたち郷土資料館

(著書)
イェール建築通勤留学 、1982 建築家の発想 、1985 数奇屋の思考 、 日本建築の再生 、 日本の建築家2 石井和紘 、私の建築辞書 、石井和紘 54の作品 、 現代の建築家 石井和紘 、 私の建築手法 、 自立する直島 、 建築の地球学


東京都港区:建築家

相田武文 (あいだ たけふみ)

一級建築士事務所 (株)相田武文設計研究所
〒169-0072 東京都新宿区大久保1丁目3番2号 相田ビル
TEL : 03-3205-1585
http://www.kt.rim.or.jp/~t-aida/index.html

(経歴)
1937年 東京に生まれ
1960年 早稲田大学第一理工学部建築学科卒業
1962年 早稲田大学院修士課程(理工学研究科建設工学専攻)修了
1966年 早稲田大学院博士課程(理工学研究科建設工学専攻)修了
1967年 相田武文都市建築研究所設立
1971年 株式会社 計画・環境建築設立
1973年 芝浦工業大学助教授
1977年 芝浦工業大学教授、株式会社 相田武文設計研究所に組織変更
1982年 日本建築家協会新人賞受賞
1983年 「人形の家」国際設計競技(イギリス)2等入選
1985年 日本建築学会理事
1986年 アメリカ・カリフォルニア大学客員教授
1991年 埼玉県川里村「ふるさと館」指名エスキース設計競技1等(実施案)受賞
1994年 中華人民共和国・大連理工大学客座教授
1996年 東京工業大学建築学科非常勤講師
2000年 東京農業大学非常勤講師、東京女子美術大学非常勤講師

(主な作品)
1973年 PL学園幼稚園
1979年 積木の家I
1990年 芝浦工業大学斎藤記念館

(著書)
相田武文ー積み木の家、都市デザインの系譜、相田武文建築作品集、漂流の思考ー相田武文建築論集、建築形態論、都市の中の川、積み木の家10-発想から完成まで、建築:行動と計画


東京都新宿区:建築家

安藤忠雄 (あんどう ただお)

安藤忠雄建築研究所
〒531-0072 大阪府大阪市北区豊崎2丁目5-23
TEL : 06-6375-1148

(経歴)
1941年 大阪生まれ
1969年 安藤忠雄建築研究所設立
1987年 イェール大学、コロンビア大学、ハーヴァード大学で客員教授を務める。
1979年 日本建築会賞(住吉の長屋)
1983年 日本文化デザイン賞(六甲の集合住宅および一連のコンクリート建築)、アルヴァ・アアルト賞
1986年 芸術選奨文部大臣新人賞
1987年 毎日芸術賞
1988年 吉田五十八賞
1989年 フランス建築大賞(ゴールドメダル)
1993年 日本芸術院賞(姫路市立文学資料館および一連の作品)
1994年 日本芸術大賞(大阪府立近つ飛鳥博物館)
1995年 プリツカー賞受賞
1996年 第8回高松宮殿下記念世界文化賞
1997年 王立英国建築家協会ロイヤルゴールドメダル
2002年 アメリカ建築家協会ゴールドメダル
2003年 文化功労賞
2005年 国際建築家連合ゴールドメダル

(主な作品)
1976年 住吉の長屋
1983年 六甲の集合住宅、タイムズl
1983年 六甲の教会
1987年 ゲストハウスOLD/NEW六甲
1988年 水の教会
1989年 光の教会
1992年 直島コンテンポラリーアートミュージアム
1994年 大阪府立近つ飛鳥博物館、サントリーミュージアム 天保山
1997年 FABRICA (ベネトンアートスクール)
2000年 淡路夢舞台
2006年 表参道ヒルズ
2007年 21_21 DESIGN SIGHT

(著書)
連戦連敗、安藤忠雄の建築1・2、安藤忠雄建築手法、建築を語る、安藤忠雄の美術館・博物館、安藤忠雄(現代の建築家)、建築家たちの20代、安藤忠雄の都市彷徨、奥田碩・安藤忠雄 日本再生への道、建築に夢をみた、安藤忠雄の夢構想―震災復興と大阪湾ベイエリアプロジェクト、安藤忠雄 光の色、 安藤忠雄ディテール集1・2、安藤忠雄建築展2003-再生・環境と建築、英文版 現代の茶室、旅ーインド・トルコ・沖縄、住宅の射程、ル・コルビュジエの全住宅、安藤忠雄のディテール―原図集 六甲の集合住宅・住吉の長屋、いのちの対話ー生き抜く「元気の素」をあなたに、安藤忠雄ー東邸(住吉の長屋)1975-1976、家1969→96、淡路夢舞台ー千年庭園の記録、直島コンテンポラリーアートミュージアム、現代デザインを学ぶ人のために、「建築学」の教科書、サントリーミュージアム天保山、直島 瀬戸内アートの楽園


大阪市北区:建築家

トップページ お問い合わせ 会社概要 サイトマップ 建築家京都シティドットコムトップページへ