建築家京都シティ HOME > Q&A > 地震に強い構造には、どんなものがありますか?

一級建築士事務所(株)ローバー都市建築事務所

地震に強い構造には、どんなものがありますか?

地盤に対応して施工すれば、どんな構造でも耐震性は十分

主な構造には、「木造軸組工法」「2×4工法(ツーバイフォー)」「RC造」「重量鉄骨造」などがあります。それぞれに長所・短所はありますが、建築基準法に則して設計し、手抜きなく施工すれば、どれも十分な耐震性が期待できることになっています。
耐震性を考える場合、構造そのものと同時に敷地の地盤も重要です。どんなに頑丈なつくりであっても、地盤が弱くてはあまり意味がありません。設計前には必ず地盤調査をし、その結果を踏まえて計画にのぞみたいものです。地盤の強さに応じて構造を選び、適正な補強を加え、場合によっては地盤を改良したりすることで、はじめて「地震に強い家」ということになります。

トップページ お問い合わせ 会社概要 サイトマップ 建築家京都シティドットコムトップページへ