建築家京都シティ HOME > Q&A > 泥棒が入りにくい家は、どんな家でしょうか?

一級建築士事務所(株)ローバー都市建築事務所

泥棒が入りにくい家は、どんな家でしょうか?

身を隠す死角や侵入の足場をつくらないこと。

泥棒対策には、まず外部からの進入経路を絶つこと。不審者がいれば人目につくように、玄関や勝手口は道路や近隣から見通せるようにし、塀や植栽も身が隠れないようなものや高さにしましょう。また、物置やフェンス、雨樋、周囲の建物なども2階への足場にされることがあるので、そちらへ面した開口部には、外しにくい面格子を付けたり、割れにくい防犯ガラスを入れたりしましょう。

トップページ お問い合わせ 会社概要 サイトマップ 建築家京都シティドットコムトップページへ