建築家京都シティ HOME > Q&A > 内断熱と外断熱、どちらがいいの?

一級建築士事務所(株)ローバー都市建築事務所

内断熱と外断熱、どちらがいいの?

どちらも一長一短。予算と必要性に応じて判断しましょう。

木造軸組区報の場合、従来、断熱材は柱と柱の間や天井裏・床下に入れて、部屋を囲む床・壁・天井の内側を断熱仕様にしていました。これが「内断熱」です。ただし、その外側や小屋裏は冷気・熱気がこもりますし、施工ミスで断熱材に隙間ができると壁体内で結露が起きる、という可能性があります。
一方「外断熱」とは、屋根や外壁に断熱材をぐるりと張りめぐらすものです。家全体が外部の熱気や冷機から守られ、寒冷地でも安定した高い断熱性が発揮されます。ただし、施工する工務店には外断熱に関する知識と技術が必要になりますし、内断熱より施工費が高くつくことも多いようです。また、長期に渡る実績もまだありません。
内断熱でもちゃんと施工されていれば大きな問題はありません。予算と必要性のバランスで選ぶのがよさそうです。

トップページ お問い合わせ 会社概要 サイトマップ 建築家京都シティドットコムトップページへ